2月13日(火)「カズオ・イシグロ氏の作品」

2月後半に行う昼メシ会はいつも別趣向。「読書夕食会」と称して、事前にテーマ本を読んでもらい、その内容について話し合う。どんな形になるか、とても楽しみだ、、、。ところで、この読書夕食会のテーマ本を何にしようかと思ったのだが、知人から昨年末のノーベル賞受賞作家の「カズオ・イシグロ氏」の推薦があった。海外に住む日系英国人。ノーベル文学賞受賞直後という事で話題性も十分。そのイシグロ氏の長崎を舞台にした本を2冊購入。読んでみた。2冊とも文庫本で250ページ程度で読みやすい。が、何故この本がノーベル文学賞を受賞するほど評価されてるか、読み終わるまでついにわからずじまいだった、、。どこかのタイミングで、このカズオ・イシグロ氏の作品について話し合いたいものだ。

今月末の読書夕食会のテーマ本は「お金2.0」。どんな場になるのだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする