6月12日(火)「thinとthingの発音」

帰国子女ではないが、非常に英語が堪能な知人と飯を食べた。その際、「今、息子に英語の発音を習っているが、「thin」と「thing」、この発音違いに困ってる」旨の話をした、、、。この、「thin」と「thing」、何度何度も繰り返し(息子に)発音させられてるうちに、「thin」は最後の部分を「ぬ」、「thing」は「ん」で発音すれば、それらしく聞こえるようになった旨を、この知人に話した。すると、この知人から、「「ぬ」と「ん」で違いを作る事は、僅かな違いは作れても出発点が違う。どんなに頑張っても、近似値までしか至らないのでは」との指摘を受けた、、。確かにこの知人の言う通り。これらの発音、小手先で覚えるのではなく、徹底的に掘り下げる必要があるな~。

因みに、この知人のアドバイス。「thinはNで終わる。th発音を作るために舌先を前歯の先辺りに置いてそこから破擦音を出し、その後、口蓋の先、歯の根元辺りに舌を当てるようにもってゆき、Nの発音をはっきり出す」、、難しい!!

カテゴリー 日記

コメント

コメントする