9月12日(水)「香港内飛び地」

深セン湾口岸口は、中国領土の中に香港の入管場所がある。ここは、一種、中国の中に香港の飛び地があるような形になっている、、、。9月23日に開通の九龍ー広州の高速電車。始発の九龍西から深センの福田まで14分。広州南駅までも45分という超快速電車。どのような需要が見込めるか、興味津々だ。ところで、この九広高速電車、出境、入境手続きとも、九龍西駅で行うようだ。まさに、今の深セン湾口岸口と同じような形。すると、香港の九龍サイドの中に、中国の飛び地が出来るという事。この方が、移動の際には便利だが、複雑な思いを抱く香港人も少なくないようだ、、。9月23日開通の高速電車。早い段階で試してみよう。

今現在のホンハムー広州東駅が2時間前後。これが45分に短縮される。どれぐらい早いのだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメント(2)

  1. 山本善光

    しばらく香港には行ってないなあ。
    だいぶ様変わりしたかな?

  2. CHINA WORLD 社長

    あの当時からすると、だいぶ変わったと思う。
    香港居住の大陸の人が、かなり増えたような気がする。

コメントする