2月16日(日)「傍観者」

何気に付けいていたユーチューブから、「プレイヤーになるか傍観者になると」という発言が聞こえてきた。「やじや文句だけを飛ばす傍観者になっても、つまんないでしょう」と言った趣旨の話だった、、、。確かに、このヨーチューバーじゃないが、世の中には、プレイする人とそれを眺める人達がいる。よく目にする光景としては、汗をかきかき踊っているおばさん達とそれをボーッと眺めているだけの人達。これ、よく中国で見かける。「見るだけでつまんなくないのか。なぜ、参加しないんだろう」といつも疑問に思う。ただ、先のユーチューバー、傍観者が9割だと言っていた、、。これ、なんか怖い話だ。

傍観者、気は楽だろうが、つまんないだろうなー。

カテゴリー 日記


2月15日(土)「情報」

この時期の香港、華南地区。政府や地方政府から、いろんな政策や発表がなされる。そうした情報を、いかに早くキャッチするかがポイントになる、、、。ところで、こうした仕入れた情報、関連しそうな人達に早めに回す必要がある。そうした際、最優先で連絡を回すのは、頻繁にやり取りを行ってる人達。その中でも、頻繁に情報提供をしてくれる人達。彼らのギブに対して、「お返しをしなくては」、という気持ちが働くのだろう。その次が、情報提供は少ないが、投げた情報に対してお礼を言ってくる人達。こちらから回した情報に対してリアクションのない人達には、どうしても情報提供が遅れてしまう、、。情報を得るためには、(自らの)情報提供も必要。その事を、強く思う。

やはり、情報は双方向のものだ。

カテゴリー 日記


2月14日(金)「遅れる再開日」

2月17日から通常勤務に戻ると言われていた香港の公務員。職場復帰は、1週間延長されて2月24日以降になった。また、3月2日から再開予定だった香港の学校。昨日、教育局の局長が、3月16日前の再開はない旨、発表した、、、。なかなか収まらないコロナウイルスの脅威。そのため、香港の公共機関の再開も遅れに遅れている。公務員が職場復帰しないと、公的な業務が遅れる。3月の期末を控えて、関係者は、ひやひやしてるだろう。後、学校の再開の目処も立たない。3月16日以降の再開になると、通常ならその前に休みに入る日本人学校とかどうなるのだろう。ひょっとして、「卒業式はなし」になるのだろうか、、。コロナウイルスを巡る騒動、まだまだ収まりそうにない。

ひょっとして、今の状況が夏まで続くのだろうか。

カテゴリー 日記


2月13日(木)「マスクは必需品」

ランチ時間に、なぜだか、マクドナルドのフィレオフッシュが食べたくなった。そこで、久々にマックに行ってみようと思った、、、。ところで、マックに向かう途中、すれ違う人達の視線が強い(厳しい)。なんだろうと思いながら、「マスクを付けるのを忘れた」事に気が付いた。会社にマスクを取りに帰る事も考えたが、たまたま目についたチャーチャン店が空いている。予定変更で、ここで昼飯を取る事にした。しかし、会社からわずか数百メーターの距離をマスクなしで歩いただけで、なんか奇妙なものを見るような視線を投げかけられる。「コロナウイルスを巡る騒動、まだまだ続くなー」と実感した、、。この時期、ほんとマスクは必需品だ。

毎朝のように見かける、無料マスク(多分)を求める人達の列。これも、恒例行事のようになりそうだ。

カテゴリー 日記


2月12日(水)「香港、マカオ入境」

2月8日以降、中国から香港に入る際に2週間の強制隔離が義務付けられるようになった。これで困ったのが、中国と香港を行き来してる人達。それから、ノービザで中国に滞在してる人達だ、、、。他の国の人達と異なり日本人は、中国に2週間ノービザで滞在できる。この制度を利用して、ノービザで中国に滞在してる人達、一定数いると思われる。この人達にとって、香港入境後の2週間の強制隔離は大ごと。ちょっとした問題になった。近隣のマカオは、今の所、中国からの入境者に制限を設けてないので、暫くの間、マカオが香港の代替えになると思っていた。が、今度は、マカオ入境時の健康診断書提示の噂が出始めた、、。香港、マカオを巡る入境、暫くはバタバタしそうだ。

入境時の諸条件が撤廃されるのが、この新型肺炎の治る頃だと思うが、いつ頃だろう。

カテゴリー 日記


2月11日(火)「留守番」

コロナウイルスによる新型肺炎がなかなか収束しない香港。公務員や銀行など、スタッフを在宅勤務にしてるところも多い、、、。昨日から、うちも在宅勤務に切り替えた。基本的には、自分が出社。スタッフは在宅という形だ。ところで、この事務所での留守番、なかなか新鮮だ。かかってきた電話の対応に始まって、荷物やクーリエ会社とのやり取り。来客があれば、その相手をする。丁度、会社を始めた時期の1994、95年当時を思い出した。あの頃は、何をするにも一人。営業から実務、集金、事務所の掃除等、すべて一人で切り盛りしていた、、。暫くは、この事務所での留守番、楽しもう。

という事で、暫く事務所で待機(留守番)する日が続きそうだ。

カテゴリー 日記


2月10日(月)「閑散」

コロナウイルスの新型肺炎の関係で、緊迫状況の香港。街を歩いても、電車に乗っても、レストランに入っても、人はまばらだ、、、。昨日乗った東鉄線。長い車両の電車が貸し切り状態かと思うほど人が乗ってない。夕方の19時過ぎだと、そこそこ混み合う時間帯。あまりの人の少なさに驚いた。また、今日のランチ時に訪ねて日本料理店。ここも空いている。客の数より、従業員の数が多そう。一体、この辺に勤務する人達、どこで昼飯食べるのだろう。また、通りも空いている。道ゆく人の数も多くない。新型肺炎の感染を恐れて、自宅で過ごす人が多いのだろうか、、。どこもかしこも、人がまばらだ。

なかなか治らない新型肺炎。しばらくは、この閑散とした状況が続きそうだ。

<貸し切り電車かと見間違えた東鉄線>

カテゴリー 日記


2月9日(日)「情報の多寡」

ここ数日の香港、華南地区。深セン企業が、(旧正明け)稼働前に書類提出が必要になった。また、大陸ー香港間移動者の、香港での14日間の強制隔離。はたまた、深セン車輌以外の深セン地区に入る場合の事前申告等々、矢継ぎ早に重要アナウンスが行われている、、、。こうした情報が入る度に、該当しそうな人達にWECHATでアナウンスしている。この際、SNSは情報の発信、転送が比較的簡単。すごく重宝している。ところで、こうしたSNSでの情報発信、共有、どうしてもやり取りが頻繁な人が優先になる。情報を提供する人達には、こちらもキャッチした情報を早く伝えたいし、やり取りの少ない人は、どうしても後回しになる、、。「素早く情報を得るためには、自らの頻繁な情報提供が必要になる」という事だろう。

こうした時期は、情報の多寡がポイントになる。

カテゴリー 日記


2月8日(土)「再確認作業」

最近、立て続けに、「自分の話した(つもりの)内容と相手の理解が全く違った」という事があった。自分の中では「えっ」と思ったが、これ、対策を考えなくてはいけない重要な問題だ、、、。「人は、話の8割は聞いてない」と、よく言われる。確かに、会議なんかそうだし、(自分の)気の乗らない時なんか、まさにその通りだ。ところが、(自分もそうだが)得てして人は、自分の話した事については、相手はちゃんと聞いて理解してると思いがちだ。「これが、数々の失敗や間違いを呼び込む原因になってるのかなー」と、立て続けのミスで思い知らされた、、。ちょっと面倒でも、話し合いの後、(その場で)確認書を作って再確認する。これ、必要なんだろうな。

やはり、再確認の作業、とても大事だ。

カテゴリー 日記


2月7日(金)「トラックの数が少ない」

午前中、茘枝角事務所から上水事務所への引っ越し作業を行なった。その際、中国へ向かう方も、中国から来る方もかなり空いていた。人が少ないのは、こうした時期、当然だと思うが、中国との行き来のトラックの少なさに驚いた、、、。先日、香港のキャリー・ラム長官から、「大陸から香港に入境する際、14日間の強制隔離を行う」旨の発表があった。少なくなってきた香港⇄中国の行き来だが、この発表を元にますます少なくなる事が考えられる。一方、荷物に関しては通常通りと聞いていたが、今日午前中の(走ってる)トラックの数の少なさを見るにつけ、これも大幅に減少してる事が考えられる、、。まさに、香港ー中国の国境、寸断したかのようだ。

通常に戻るには、まだまだ時間かかるなー。

カテゴリー 日記


« 前のページ次のページ »