11月29日(木)「若さの特権」

先日、深センで開催した読書夕食会。盛り上がった場になった訳だが、最後の締めの段階で、カツカレーを頼んだ人がいた。ところが、このカツカレーが特上の大盛り。飲み食いした後に、「こんな重いもの食べられるのだろうか?」とと心配した、、、。通常、飲んだ後の締めとしては、うどんやそば。ないしは、お茶漬け。ところが、昨晩は、締で、このカツカレーそして、カツ丼を頼んだ人がいた。カツ丼を頼んだ人は、ほとんどお酒を飲んでないのでわからなくもないが、目一杯飲み食い食いした人が、最後に大盛りカツカレー、その旺盛な食欲に圧倒された、、。この大盛りカツカレー、瞬時のもとに食べつくされた。やはり、若さは素晴らしい!!

旺盛な食欲は、若さの特権なんだろうな。羨ましい。

<締めの大盛りカツカレー>

カテゴリー 日記


11月28日(水)「レイオフ」

「エスプリ」と言うと、香港に本社を構えるアパレル大手。朝、ローカルの英字新聞を読んでたら、このエスプリの大量解雇の記事が載っていた。何でも、このエスプリ、バックオフイス要員を4割削減するようだ、、、。一頃は栄華を誇ったエスプリ。中国内で、よく店舗も目にするが、内情は大変なようだ。不採算店の閉鎖、人員削減、業務のデジタル化とアウトソーシング化。トーマスタンCEOは、「生き残りのため、出来る手はすべて打つ」という事のようだ。が、ネットでの購入が加速する中、実店舗を構えた形でのビジネス展開、ホントに大変だろう、、。物が売れない時代。それにプラスしての重い場所代や人件費。経営者も頭が痛いだろう。

という事で、久々にエスプリ、訪ねてみよう。

カテゴリー 日記


11月27日(火)「丸の去就」

このブログ、11月27日の香港時間9時に書いている。今現在では、FA宣言した広島カープの丸の去就、確定してない、、、。2年連続のMVPが確実で、走攻守3拍子の揃った丸は、どこのチームも欲しい選手だろう。手を上げたのは、ジャイアンツにロッテ、そして異例のFA宣言者の残留を認めたカープ。5年で35億、プラス原監督の現役時代の背番号8を用意したジャイアンツ。丸の地元ロッテでは、高給にプラスして将来の監督の座まで約束してるとか。また、熱烈なファンから引き止めの言葉が掛かるカープも、なかなか去り難いだろう、、。難しい選択だと思うが、年俸では劣るが、「地元ロッテを選択。一躍、千葉の大スター」に。この選択肢がいいような気がするのだが、、。どんなもんだろう。

ジャイアンツ選択だとそのプレッシャーが大き過ぎる。カープだと、少々マンネリ気味。千葉ロッテの選択、ないだろうか。

カテゴリー 日記


11月26日(月)「打席と打率」

先日、シンガポールから来た広告宣伝関係の人が、面白い事を言ってた。「打席を増やすか打率を上げるか。うちは、前者の手伝いが得意です」と、、、。この「打席」と「打率」という表現方法、面白い。まず、打席を増やすだが、その結果よりも、目に着く頻度を増やすという事。一種、イメージ広告のようなものだ。幅広い人達にアクセスされるポータルサイトへの宣伝広告。会社の知名度は上がるが、対集客がピンポイントではないため打率は下がる。一方、専門分野に特化した専門紙。見る対象は少なくなるが、コアな人達が集まってくるので、当然打率は高まる、、。広告宣伝を「打席」と「打率」に分けて検証する、面白そうだ。

「打席」と「打率」、切り口として面白い。

カテゴリー 日記


11月25日(日)「チキンとシーチキン」

小さい時からの嫌いな食べ物として、チキン料理がある。が、インド料理のタンドリーチキンは美味しく食べられるので、このチキン嫌いも「だいぶいい加減なもの」と思っている、、、。今日のランチはスパゲティ。ちょうどいい感じと思っていたが、チキンらしきものが入っている。チキン嫌いを知ってる嫁が入れるはずはないけどと、恐る恐る食べたら、どことなくチキンのような味が。息子に、「これ、チキン?」と聞いたら、「何言ってる。これシーチキンだよ」と。「そうか、シーチキンか」と思って味合うと、確かにシーチキンの味だった、、。同じ食べ物でもチキンと思って食べるのとシーチキンと思って食べる、全然味が違う。人の味覚、先入観によってだいぶ変わってくるんだなー。

という事で、チキン嫌いがだいぶいい加減なものであること、立証された。

カテゴリー 日記


11月24日(土)「入国審査書」

以前は、海外に行く際は、機内でクルーから入国審査書を渡され、その記入をするものだった、、、。今回、カタール経由でアゼルバイジャン、ジョージア、アルメニアに行ったが、どこの国でも入国審査書、必要なかった。アゼルバイジャンは、ビザが必要だが、これも窓口に行って、滞在日数と宿泊ホテルを言うだけ。簡単にビザを出してもらった。しかも日本人は無料。その他の、カタールやジョージア、アルメニア、何も必要ない。ハブのカタールが入国審査書が必要ないのはなんとなくわかる。が、さほど観光客も多くない(と思われる)ジュージアやアルメニアが入国審査書がいらないのは、ちょっと驚いた、、。これ(入国審査書がいらないのは)、ホント便利だ。

未だに入国審査書が必要なのは、日本を始めとしたアジアの国々。何でだろう。

カテゴリー 日記


11月23日(金)「地球を52周」

赤道の1周は約40000キロこれを、マイルで換算すると、約25000マイルになる、、、。長い間、ワンワールドグループのダイアモンドメンバーを継続してる知人がいる。先日、この知人にここ数年に渡る搭乗実績を見せてもらった。すると、驚くことに、搭乗回数「1008回」。合計の飛行マイルは、何と「130万マイル」強だった。ところでこれ、よく考えると、とんでもない数字だ。飛行回数1008回は、まる3年間毎日飛行機に乗ってる計算になる。また、合計マイルの130万マイル、赤道の1週を地球1周と考えれば、地球を52回強回っている事になる、、。搭乗回数1008回に飛行合計マイル130万マイル、かなり驚いた。

これだと、「人生の中でのかなりの時間を機内で過ごしてる」、という事になるな~。

カテゴリー 日記


11月22日(木)「変わる伝達手段」

ちょっと前までは、仕事上の伝達手段としては、「電話」か「メール」。が、最近では、電話はほとんど使わなくなったし、メールの数もかなり減ったような気がする、、、。メッセンジャーアプリとしては、主に「WeChat」を使っている。これは、「LINE」や「WhatsApp」が中国で使えないため。場所柄、中国在住の人達とのやり取りも多いため、使う頻度はWeChatが多くなる。ところで、WeChatで友人申請してる人達とは、メールよりも、WeChatでのやり取りが知らず知らずに増えている。これは、返事の即効性によるような気がする。相手にもよるが、メールよりもWeChatでの連絡の方が、数倍返事が速いような気がする、、。そのうち、電話と同じようにメールでのやり取り、だいぶ少なくなるのだろう。

という事で、WeChatでのやり取りを重宝してる、今日このごろだ。

カテゴリー 日記


11月21日(水)「葵芳のつもりが葵興」

昨日は、オンライン・コミュニティ「ラーメン情報交換会」のオフ会。MTR葵芳駅近くのラーメン店が会場だった、、、。待ち合わせ時間の12時より、少し早めに駅に到着。グーグルマップでお店を探したが、よくわからない。駅から5分と聞いたけど、「おかしいな」と思い、他のメンバーに連絡。葵芳駅のE出口で待ち合わせた。ところが、皆、なかなかやってこない。そのうち先方から、「今、葵芳のE出口だけど、どこにいる?」と。そこで、初めて気が付いた。「葵芳駅」で降りたつもりが隣の「葵興駅」まで来ていた。また運の悪い事に、葵興駅も葵芳駅と同じように、E出口が駅の上の方にある、、。という事で、12時開始のオフ会、遅れての参加になった。気をつけないと。

最近、特にこのようなミスが多い。気をつけないと。

カテゴリー 日記


11月20日(火)「旅行中に活用できる単語」

学生時代、森一郎の「試験に出る英単語」は、よく活用させてもらった。大学受験に出やすい単語を順番に羅列していたので、効率がよかった、、、。先日、コーカサス3カ国を周遊した訳だが、地元の人達と話をする際に、どうしても押さえておかなければならない単語があった。例えば、ジョージアの人達と話をする時は、「georgia orthodoxy」という言葉が頻繁に出てくる。「ジョージア正教」の意味だが、カソリックともプロテスタントとも違う使徒継承を承認する東方系の宗派のようだ。また、修道院の意味の「monastery」。アルメニアで頻繁に訪ねたが、この意味がわかるまで時間がかかった、、。「出る単」並の、「旅行中に活用できる単語」があれば、だいぶ助かるのだが。

次回からは、訪ねる国の歴史、文化、前もって勉強してから訪ねよう。

カテゴリー 日記


« 前のページ次のページ »