7月28日(日)「小便小僧、小便少女」

ベルギーのブリュッセルというと、「小便小僧」で有名。これ以外にも、「小便少女」というのがあるのを知った、、、。まず、ブリュッセル市内に到着後向かったのが「グランプラス」。世界で一番美しい広場と言われるグランプラス。確かに、観光客が喜びそうなフォトジェニックな風景だ。次に向かったのが、これも有名な「小便小僧」。しかし、この小便小僧、思ったよりかなり小さい。なるほど、世界3大がっかり、と言われるのもわかった。ところで、このブリュッセルには、「小便少女」というのもあるようだ。ちょっとわかりにくい所だったが、何とかこの小便少女にも辿り着いた、、。その像の出来栄えはさておいて、集客力では圧倒的に小便小僧が上回っているようだ。

「小便小僧」の近くのクレープ屋がクレープ一つで2ユーロ。一方、「小便少女」近くは1ユーロ。その集客力では結構差がある。

<なかなか刺激的な小便少女>

カテゴリー 日記


7月27日(土)「到着後の部屋」

早朝、ベルギーの首都ブリュセルに到着。電車で、空港からブリュッセル中央駅に向かった、、、。ところで、早朝の便でいつも問題になるのが、当日のホテル。良心的なホテルだったら、早朝ホテルに着いても、早目に同日の部屋をくれる。が、厳しいホテルだったり、部屋が混み合ってる時は、14時以降のチェックイン。そこまで、時間を潰さなければならない。ロングフライトでフラフラの身には、この早朝部屋にありつけるどうかがとても大事だ。で、今回だが、部屋がかなりのオーバーブッキングとの事で、荷物だけ預けて、14時以降に再度ホテルに戻りチェックインする形になった、、。効率よく街を回れたが、ロングフライト後の観光、結構体に応えたな~。

ところで、雨模様のブリュッセル、日本の春先のような感じ。肌寒く感じた。

<世界で一番美しい広場と言われるグランプラス>

カテゴリー 日記


7月26日(金)「空港集会(デモ)」

(日付は変わって翌日になるが)今日の深夜便で、中欧、東欧に向かう。世界の国を巡る一環で、ベルギー、ルクセンブルグ、ルーマニア、ブルガリアを廻る予定でいる、、、。ところで、今日の夜、香港空港の第1ターミナル到着ロビーで、集会(デモ)が行われる。航空会社、空港関係者の呼びかけで、平和裏に行われる集会(デモ)と言われている。が、かなりの人達が集まる集会になる可能性が大。少し気になるのは、この集会の関係で、香港空港の離発着便に影響が出ないかという事。今回の中欧、東欧も、いつもと同じで、ぎつぎつのスケジュール。飛行機のディレイがあると、すべての予定が狂ってしまう、、。という事で、飛行機予定通り飛ぶのだろうか。

そうは言っても、空港集会(デモ)を見るいい機会。飛行機の遅延は困るが、楽しみだ。

<香港空港到着ロビーを埋め尽くした人達>

カテゴリー 日記


7月25日(木)「ホンハムー上水、4時間」

今日は、上水事務所でセミナーの行われる日。早朝、尖沙咀でのやり取りを終わらせた後、ホンハム駅からKCRで上水に向かった、、、。ところで、このKCR、繰り返しアナウンスがされている。何でも、「KCR沿線の火炭ータイポーマーケット、この区間が不通になった。そのため、ホンハムー火炭、タイポーマーケットー羅湖間を数分置きに電車を走らせてる」というアナウンスだ。係員に聞くと、「途中駅の沙田ータイポー間に無料のシャトルバスを走らせてる。だから、沙田で乗り換えて」との事だった。という事で、この係員のアドバイスに従ったわけだが、これが失敗の素。シャトルバスの順番待ちで2時間、バス移動に1時間近く、その後の電車の移動で30分。何やかやで上水まで4時間かかった、、。まあ、これもいい経験か。

しかし、KCRの利用客があんなに多いとは。驚いた。

<沙田駅で無料シャトルを待つ列。列は、延々と駅の外まで続いた>

カテゴリー 日記


7月24日(水)「李鵬元首相」

中国の李鵬元首相が22日に亡くなったようだ。享年90歳。1989年の天安門事件で学生への弾圧に踏み切った当事者として、「悪役」のイメージが抜けきらなかった、、、。ところで、この李鵬、政界の引退が2003年と早い。その当時の李鵬の健康状態とかよくわからないが、政界引退時の年齢が73、74歳。鄧小平や江沢民など、90歳を越えてもバリバリ仕事をこなす辣腕政治家の多い中国。その中にあって、(中国の政治家としては)まだまだ働き盛りの李鵬が政界引退を決めたのは、やはり天安門事件の処理をめぐるダークなイメージが影響したのだろうか、、。政界引退後、どんな人生を過ごしたのか、非常に興味をそそられる。

鄧小平に趙紫陽に李鵬、天安門事件の関係者が次々といなくなるな~。

カテゴリー 日記


7月23日(火)「訃報」

知人からの連絡で、中国東莞在住の先輩が亡くなった旨を聞いた。この先輩、頻繁にWECHATのモーメンツに投稿していた。が、それが先月中旬ぐらいからストップしてたので、おかしいとは思っていた、、、。この先輩、WECHATのモーメンツ投稿、それこそ毎日。多い時には、日に数回も投稿していた。それが、ピタッと止まったのでおかしいとは思っていた。何でも、7月中旬に倒れて、病院に緊急入院。そこから、一度は持ち直して話が出来るまで回復したようだが、先週末お亡くなりになったようだ。一度持ち直して「良かったな~」と思っていた矢先のこの訃報のニュース、残念に思った、、。「先輩、ゆっくりお休みください」。

この先輩の死から、「人間には寿命がある」、この当たり前の事を教えられた。

カテゴリー 日記


7月22日(月)「達観の表情」

「横綱白鵬」を見て、いつも思うのは、その旺盛な勝負への執念。1つの勝ちに対するこだわり、他のどの力士より、白鵬が断然強いような気がする、、、。昨日の大相撲名古屋場所千秋楽。この白鵬、星の差1つで横綱鶴竜を追っていた。白鵬は逆転優勝するためには、本割、決定戦と連勝する必要がある。ところで、この千秋楽の一番、力相撲だったが、再度の巻き変えを許した白鵬が、力相撲の末寄り切られた。その後、土俵に上がって一例をする白鵬、「頑張ったが、相手(鶴竜)の方が上回った。仕方ないな」といった達観した表情に見えた、、。「どんな負けでも負けは負け」と、人一倍悔しがる白鵬を見たかったのだが、、。

幕内42回の優勝回数を数える白鵬も、もう34歳。勝負への執念も、少しずつ薄れてきてるのだろうか。

カテゴリー 日記


7月21日(日)「散髪に費やす時間」

以前通っていた(個人経営の)散髪屋。慣れすぎたのか、あまりに簡単に処理されてるように感じた。それこそ、「髪のカットが2−3分で終わる」そんな感じだった、、、。という事で、久々に別のお店に出かけてみた。日曜の午後、店内は満員。ヘアースタイリストやアシスタントが慌ただしく動き回っている。以前通っていた個人経営のお店とはだいぶ違う。そこで、スタイリストをあてがわれ、細かく質問が飛んでくる。「髪の長さはどれぐらい?」、「サイドの形は?」等々。カットや洗髪の時間もかなり長い。何やかやで、ゆうに2時間以上の大作業になった、、。丁寧にやってくれるのはいいが、散髪に2時間以上、ちょっと長いかな~。

短すぎてても文句言うし、長ければ鬱陶しく感じる。人って、ホント勝手だ。

カテゴリー 日記


7月20日(土)「3回続けて読み返す」

割と本は読む方で、週末は読書に費やす時間が多い。ところで、この読書、いわゆる乱読で、「同じ本をじっくり」というような読み方ではない、、、。何気に、「アンソニー・ロビンズ」の本が目についたので、パラパラとめくってみた。すると面白い。この本、以前にも読んだはずだが、その時は、特に響くものがなかったような気がする。ところが、今回は、何故だか、面白く感じる。そのへんの興味もあったので、この週末、このアンソニー・ロビンズの本を読む事にした。ただ、普通に読んでも面白くない。そこで、この週末に3回読んでみる事にした。1つの本を読み返す事もなかなかないが、3回続けて読み返すと、一体どう感じるのだろう、、。という事で、この週末は、読書の仕方のいい実験の場になった。

いつもとは異なる本の読み方、これも面白そうだ。

カテゴリー 日記


7月19日(金)「領土問題」

会社を作ったのが、香港返還前の1994年。社名に「CHINA」が入っているので、(すごく簡単な気持ちで)会社ロゴも中国を形どったものにした、、、。昨日、提携先の深センの事務所のガラスに、うちの法人名とロゴを貼り付けるという話になった。すると、ここで待ったが入った。何でも、香港返還前に作ったロゴ、そこには台湾が含まれてない。その状態でロゴをガラスに貼り付けると当局から指摘を受ける可能性があると。中国を取り巻く台湾問題、微妙だとは聞くが、ロゴ一つでも問題になりうるようなセンシティブなものとは露程も知らずにいた、、。という事で、ロゴ云々の件から、中国台湾問題の繊細さを知る事が出来た。これ、いい経験だった。

名刺にもロゴが入っている。これ、中国で配ると問題になる?

カテゴリー 日記


« 前のページ次のページ »