「ウズベキスタンの首都タシケント、その旧市街にあるチョルスー・バザール。青いドーム状の建物の中にある巨大なバザールは迫力満点。野球場やサッカー会場のような感じだ。因みに、チョルスーはペルシャ語で「交差点」の意味とか。」

「青いドーム」
青いドームが目印の巨大バザール。スポーツイベントでも使えそうだ。

「白熱」
まさに、株取引でもしてるかのような活気のあるドーム内。ありとあらゆるものが売られている。

- 旅で出会った現地人 -

「香辛料の山」
見ただけで匂いがぷーんときそうな香辛料の山々。独特の匂いが立ち込めいていた。

- ベストフォト -

50代女性:この巨大なパン(パンですよね?)美味しそうだけど、大き過ぎ!!