「カザフスタンの首都アスタににあるピラミッド型のコンベンションホールの「平和と調和の宮殿」(通称ピラミッド)。イギリス人建築家のノーマン・フォスターによって設計された。その幻想的な空間は、一見の価値がある。」

「ピラミッド型」
この遠くからも目立つ外観。地元の人達からは、「ピラミッド」と呼ばれているようだ。

「リハーサル中」
コンベンションホール内のコンサートホール。訪れた時は、夜行われるイベントのリハーサル中だった。

- 旅で出会った現地人 -

「議長席でポーズ」
議長席でポースを取るのは、ドイツから訪ねてきたというエンジニア。最上階にあるこの国際会議室、なかなか立派だった。

- ベストフォト -

50代女性:これは何でしょう?ーーーさっぱりわかりませんが、とても高価なのという事はわかります。ところで、「何」??