「オスロ市の中央、オスロ湾に面したところに聳えるオスロ市庁舎。ユニークな博物館が点在するビィグドイ地区へのフェリーも、このあたりから発着する。毎年のノーベル平和賞の授賞式が行われるがこのオスロ市庁舎で、受賞者の功績に関する資料を揃えるのが、すぐ近くにあるノーベル平和センター。」

「ノーベル平和賞関係」
毎年のノーベル平和賞授賞式が開かれるのがオスロ市庁舎。受賞者の資料が展示されるのがノーベル平和センター。この2つの建物、向かい合っている。

「冬のオスロ湾」
オスロ西部のビィグドイ行きのフェリー乗り場。桟橋の大きな時計は、趣がある。このあたりは、真冬でも凍っていない。

- 旅で出会った現地人 -

「躍動感」
国旗(ノルウェー国旗)を持ち、駆け出してる若者の像。特に、観光名所にはなってないが、何となく心を打つ作品。躍動感を感じさせる。

- ベストフォト -

50代女性:オスローの港は、凍っている所と、凍ってない所があるようですね。「寒いでしょうが、ここで佇んでみるのもいいかも!!」