「タシケントの新市街は、1966年の大地震の後造られた場所。旧ソ連式の古い建物群に加えて、近代的な建物も随所に見られる。ティムール広場から、オペラ劇場、アブドゥールハシムメドレセ。市街を一望できるテレビ塔もある。」

「ティムール像」
ティムール公園内にある堂々たる威厳の「ティムール像」。アジア系の観光客もいた。

「日本兵建設」
旧日本兵が強制労働で造ったという「ナヴォイ・オペラ・バレエ劇場」。残念ながら、タイミングが合わずに見れなかった。

- 旅で出会った現地人 -

「陽気なウズベキ人」
タシケントを案内してくれた陽気なドライバー&ガイド。「ティムールはモンゴル人」と言ったら、怒っていた。

- ベストフォト -

50代女性:これ、イスラム世界でよく見かけるものですね。綺麗ですが、用途は何なんでしょう?