「ファドゥーツ城は、リヒテンシュタイン公国の首都ファドゥーツの丘の上に聳える古城。建設は12世紀。1712年にリヒテンシュタイン家が購入。その後、所有している。現在はリヒテンシュタイン公が、ここで公務を取り扱っているため、内部の一般公開は行われていない。」

「築700年以上の古城」
12世紀に建設されたこの古城。公爵ファミリーが生活するため、内部の一般公開はない。外には、「PRIVAT」の表示がある。

「絶好のハイキングコース」
この古城までの2−30分間は、絶好のハイキングコース。民家の脇をすり抜けたり、森林浴を楽しめたりする。

- 旅で出会った現地人 -

「残念!!」
内部に入れない旨の張り紙を見て、残念がる人達。一部分でも開放すればいいと思うのだが、、。

- ベストフォト -

50代女性:なかなかに絵になる写真ですね。古い建物と背景の雲のかかり具合が秀逸ですね。