訪問時期:<7月>
「ケープタウンのハウト湾に浮かぶドイカー島。ここは、ミナミアフリカオットセイの生息地として有名。ハウト湾から10分ほどのクルーズで到着するが、外海のためよく揺れる。」

「ミナミアフリカオットセイ」
水中、陸上、どちらでも生活できるミナミアフリカオットセイは、上手に泳ぎ、岩場を走り回る事も出来る。

「大揺れ」
このハウト湾、たまたまかも知れないが、結構揺れた。オットセイを見るのも、命がけだ(ちょっと大げさ)。

- 旅で出会った現地人 -

「パフォーマー」
港で待ち受けるパフォーマー。日本のちんどん屋のようだ。

- ベストフォト -

50代女性:赤色の岩山に濃い緑の海、それに真っ白な雲、惹かれますね~~。