「ガムラスタンは、スエーデンの首都ストックホルムの旧市街。1時間も歩けば、島全体を歩けるほどのこじんまりとした広さ。このガムラスタンには、美しい尖塔を持つ教会や、カラフルな街並みが続く。そのため、ここはストックホルムでも屈指の観光場所となっている。」

「橋の間の都市」
このガムラスタン、「橋の間の都市」とも言われている。まさに、そんな感じだ。

「狭い街並み」
その狭い街並みには、お店がいっぱい。観光客も多く訪れていた。

- 旅で出会った現地人 -

「何の意味??」
近くに行くまで、本物の人か銅像か区別できなかった。しかし、左手を頭に置いてるのは、何の意味??

- ベストフォト -

50代女性:この写真、綺麗ですね。朝焼けの風景だと思いますが、是非ここ訪ねてみたいです!!