7月6日(月)「朝比奈隆」

「朝比奈隆」というと、長く大阪フィルの音楽監督を務めた日本の巨匠。享年2001年12月。その数ヶ月前の2001年9月24日、大阪フィルを率いてブルックナーの9番交響曲の演奏を行なってる、、、。このブルックナーの9番の演奏をユーチューブで見た。亡くなる3ヶ月前、その当時93歳の朝比奈隆、しっかりした演奏だ。ちゃんと立って演奏してるし、長い長いブルックナーの9番を正確に記憶している。人は歳を重ねるに連れて記憶力が衰える。認知症の症状が現れる人も多い。そうした中、この朝比奈隆、93歳にして90分程度のブルックナーの曲をはっきりと記憶している、、。ユーチューブの演奏を聴きながら、この記憶力の差どこから現れるのか、そんな事に思い至った。

人によってその記憶力大きく変わってくるが、その差どこから出てくるのだろう。

カテゴリー 日記


7月5日(日)「記録的な大雨」

7月3日、4日、南九州を襲った記録的な大雨。熊本県の人吉市では、球磨川が氾濫。18人が死亡、15人が心肺停止、14人が行方不明の報道があった、、、。確か、熊本地震があったのが2015年。「また熊本」と思った。ところで、この報道にあった「心肺停止」とはどういう状態を言うのだろうか。何でも、この心肺停止、心臓と呼吸が止まった状態のようだ。ただ、すべ手の細胞が死んでる状態ではない。そのため、心肺停止で病院に運ばれた時は、心臓マッサージ、人工呼吸をしてるので死の状態ではないようだ。これらの蘇生法を行って蘇生できない時が死になるとか、、。来週にかけて、西日本では新たな大雨の恐れがあるとか。問題がおきなけばいいのだが。

大雨も怖いけど、コロナも怖い。避難の仕方も難しそうだ。

カテゴリー 日記


7月4日(土)「キッシュ」

9月に、九州でレストランバーをオープンする知人。コロナ後の飲食ビジネス、どんな形で考えてるのか聞いてみた、、、。すると、この知人、ポイントは「キッシュ」と言ってきた。キッシュとは知らなかったのだが、何でも卵とクリームを使ったフランス、アルザス・ロレーヌ地方の郷土料理のようだ。この知人、お店の目玉にキッシュを置く。「キッシュの美味しいあのお店」という形でお店の評判を広めていきたいようだ。そのため、あちこちのキッシュを食べ歩き、どこよりも庶民的な味のキッシュを作り上げたと言っていた、、。特定の料理にこだわる飲食店経営、面白いやり方だ。

という事で、いつになるかわからないが、この知人のキッシュ食べてみたいものだ。

カテゴリー 日記


7月3日(金)「フォトジェニック」

先日、プロのカメラマンの知人とカメラに異常な興味を持つ知人、彼らと飯を食べた。当然、カメラ機材や写真関係の話題が多くなった、、、。彼らとモンコックの歩道橋の辺りを歩いていると、一人の知人が「ここは写真を撮るのに適した場所」と言ってきた。確かに、この場所からの眺め絶好だ。ここから香港島まで見渡せる。一直線の通りの両脇には高層ビルもある。車の流れもよくわかって、確かに写真愛好家には絶好の場所。この場所には、香港の写真好きな人達が集まってくるようだ、、。フォトジェニックなこの場所、次回は早朝や夜中に訪ねてみよう。

こうして見ると、香港の中でも隠れた名所いっぱいある。開拓しょう。

<モンコックの歩道橋からの香港島>

カテゴリー 日記


7月2日(木)「返還記念日」

昨日7月1日は、香港の返還記念日。1997年から数えて、23回目の返還記念日だった、、、。ところで、この返還記念日前後の動きは目まぐるしかった。まず、6月30日の午前、香港国家安全法案を中国が可決。アメリアから、香港への軍民両用の技術輸出の禁止。また、香港民主派団体デモシストから主要メンバーが離脱。その後、デモシスト自体が解散宣言。次から次に動きがあった。そして、昨日の7月1日。国家安全維持法が施行された事に抗議した香港市民370人が逮捕された、、。まだまだ、混乱が続きそうだ。

今後の香港、急激に変わるのだろうか。それとも、大して変わらないままなのか。

カテゴリー 日記


7月1日(水)「Touchlessゴミ箱」

「新鴻基(サンフンカイ)」というと、香港でも屈指のデベロッパー。上水事務所の管理も、この新鴻基が行ってる、、、。上水事務所が入ってる上水広場を歩いているとゴミ箱が目についた。ゴミを捨てようとしたが、何か変だ。蓋がとじたまま。ゴミ箱の上に手をかざすと、徐にゴミ箱が開いた。「魔法のランプみたいだなー」とよく見てみると、「Touchless Litter Bin」と書かれている。ゴミ箱に触れないで、手をかざすだけで蓋が開封するゴミ箱のようだ。「不特定多数の人が触れたゴミ箱に手を触れなくても使えますよ」という事のようだが、これもコロナウイルス蔓延後の新しい商品なんだろう、、。このTouchlessのゴミ箱、マーケットでの需要、あるのだろうか。

コロナウイルス後、市場に出回る商品も変わってくるのだろう。

<ユニークなタッチレスのゴミ箱>

カテゴリー 日記


6月30日(火)「オンライン講義」

ニューヨークの大学に通う事になった知人の息子さん。昨今の米国事情で、なかなか留学生ビザが取れずに悶々としていたようだ。そこに、大学側から打診があったとか。「ニューヨークのキャンパスで勉強するのを選択するか、それともオンラインの授業を選択するか」と、、、。この問い合わせ自体にも驚いたのだが、もっと驚いたのはこの息子さんの選択。何と「オンラインでの授業」を選択したようだ。何でも、香港のインター校のクラスメートの大半がオンラインでの講義を希望してるとか。そこで、この息子さんも香港で生活しながら、米国の大学のオンライン講義を受けるという選択をしたようだ、、。教育の世界でも、オンライン化進んでいる。

オンライン授業を選択する生徒が増えれば、大学の形も大きく変わっていくのだろう。

カテゴリー 日記


6月29日(月)「チョコレートは活力源」

先週末、2日半の断食を行った。この期間中、急に食べたくなったのが「チョコレート」。もらいものとしてのチュコレートはよく食べるが、自分から買ってチョコレートを食べる、これほとんど経験がなかった、、、。断食が終了すると、すぐチョコレートを買った。しかし、不思議なもので、「何でも食べられる」と思うと、驚くほどチョコレートへの執着がなくなった。ところで、今日の午前中、ユーチューブ用の動画撮影の予定だった。が、気分が乗らない。「困ったなー」と思った時に、ふと、チョコレートを食べてみた。すると、何だかやる気が出てきて、動画撮影に取り掛かることができた、、。ホント、チョコレートは活力源だ。

そう言った意味では、チョコレート、貴重な食べ物だ。

カテゴリー 日記


6月28日(日)「大圍駅」

香港東鉄線の大圍(タイワイ)駅。駅近くに「車公廟」があるけど、それぐらいの駅と思っていた、、、。ところで、この大圍駅、最近乗り降りする人がべらぼうに増えた。理由は、屯馬線の開通。で、この屯馬線の開通とともに、大圍駅は、東鉄線と屯馬線のクロスするキーの駅になった。ハブ機能を持った大圍駅を散策してみて驚いた。まず、駅構内がかなり広い。これからの乗客増を見越しているのだろう。また、駅前にかなりの規模の高層ビルが建設中だ。この2−3年のうちに、大圍駅周辺は大変貌を遂げるのだろう、、。という事で、久々に降り立った大圍駅、驚いた。

大圍駅の発展とともに、車公廟へん参拝客も増えるのだろう。

<開発される大圍駅前。>

カテゴリー 日記


6月27日(土)「ジンバル」

IT関係に詳しい知人と昼メシを食べた後、旺角にある電気屋に行った。目的は、最近発売されたジンバルを買う事。街並の動画を撮影時に頻繁に起こる手ブレと動画の傾き。それらを防止するためのジンバルだ、、、。知人曰く、「こうしたジンバルは以前からもあった。が、値段がかなり高かった。最近発売のジンバルは、料金が500香港ドル(7000円)以下。大幅に下がったので買いに行こう」と。という事で、知人に連れられて購入したジンバル。操作が簡単で、しかも軽い。街中で試し撮りをしてみたが、動画の傾きや手ブレもなくなっていた、、。このジンバルを使った次の動画撮影、すごく楽しみになってきた。

動画撮影でも、改善点山ほどある。

<優れもののジンバル>

カテゴリー 日記


次のページ »