1月19日(日)「ビル170階分」

先日のブログでも書いたが、今日、香港島の陽明山荘からスタンレーマーケットまでの山登りに出かけた。このコース、知人から、楽なコース。山登りの後のスタンレーでの食事も楽しいと誘われての参加だった、、、。ところで、知人が楽だと言ったコース、全然楽じゃない。途中までは、そうでもなかったが、スタート後1時間ほど経過した後、延々と階段が続くところがある。しかも、この階段、幅が広いので登りにくい。それが、延々と1000階段もあると言う。少しの階段を登り、ちょっと休み、また登り、休む。これを繰り返しながら、やっとゴールまで辿り着いた、、。山登り後の皆での食事は楽しかったが、あの階段、ホント大変だったなー。

この日登った階段、ビル170階を登ったのと同じぐらいとか。ビル170階は、さすがに大変だなー。

<曇ってはいたが、山からの眺め、最高だった>



1月18日(土)「移民の街」

広東省の深セン市というと人口1400万人とも1500万人とも言われる大都市。いつ行っても、人でいっぱいのイメージがある、、、。用があり、朝、深センに向かった。先日、この深セン市でもコロナウイルスの新型肺炎の患者が出たが、人々は、殊の外、無警戒。マスクをしてる人間も少ないし、入官のチェックも厳しくない。誰も、気にしてないようにみえる。ところで、今日の深セン、どこもがらがら。これが、あの深センかと思うぐらい閑散としていた。移民の街深センは、旧正月前になると人々が自分の故郷に戻るため、ひっそりとなるのだろう、、。旧正月前の深セン、案外面白いのかもしれない。

賑やかな深センも刺激があるが、ひっそりした深センも悪くはない。

<空いた地下鉄で、子供もくつろいでる>



1月17日(金)「新型肺炎」

武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎。日本や深セン市南山地区でも感染者が見つかり、不安が高まっている、、、。広東省江門市で工場を経営する先輩が、来社した。が、風邪気味だと言う。ごほごほと咳をしている。「大丈夫ですか?」と聞きながらも、「まさか、新型肺炎ではないよな?」と、変な考えが頭をよぎった。ただ、この先輩、武漢には行ってないし、咳は出ても発熱はないので、(多分)新型肺炎ではない。が、この時期、風邪引くと(新型肺炎患者と間違えられて)大変だなと思った、、。この冬、風邪引かないように注意しよう。

治療法が確立されてなく、ワクチンもない新型肺炎。予防は、「まめな手洗い」かなー。



1月16日(木)「新旧交代」

大相撲初場所が荒れている。序盤から、横綱大関が大崩れ。「白鵬」、「鶴竜」の両横綱が休場。カド番大関の「豪栄道」が1勝3敗。大関転落後、大関への復活を目指す「高安」も2勝2敗。上位陣総崩れの状況だ、、、。ところで、こうした上位陣が振るわない中、チャンスなのは次の大関を狙う面々。高安の大関復活が叶わず、豪栄道も負け越して大関転落。白鵬、鶴竜が相次いで引退。こうした状況になれば、上のポストが大幅に開く。次の大関、横綱を狙う面々には、千載一遇の大チャンスだ、、。「朝乃山」、「遠藤」、「御嶽海」、「阿炎」、このへんから、一挙に横綱まで駆け上がる力士出てくるのだろうか。

ところで、今場所の優勝力士、誰だろう。貴景勝、朝乃山、あたりだろうか。



1月15日(水)「香港の山歩き」

昨年、上水事務所で行なったセミナーの中に、「香港の山歩き」というテーマがあった。スピーカーの人の、写真を交えた非常に面白くわかりやすい話で、ぜひ一度、山歩きをトライしようと思った、、、。先日、知人から連絡が入った。「週末に、香港島ツインピークスへの山歩きがある。陽明山荘から赤柱までの3時間ぐらいのコース。参加しない?」と。丁度、その日は野暮用が入っていたが、「この機会を逃すと2度と山歩きの機会はないな」と、野暮用の予定を変更してもらい、この山歩きに参加することにした、、。走ったり、泳いだり、合気道と、それなりに運動はしてるが、山歩きの経験はほとんどない。皆に、着いていけるのかなー?

という事で、今週末は、山歩きのデビュー戦になる。



1月14日(火)「バングラデシュの独立記念日」

昨年の10月から始めた旅行ユーチューブ。月10本の動画アップを目標にしている、、、。ところで、この旅行ユーチューブをアップする際に役立つのが、このブログ。次回のユーチューブ、バングラデシュのダッカの紹介を考えている。すると、1番先にすることは、以前のこのブログを読み返す事。当初、2012年2月の訪問の際に連れて行ってもらったダッカの「会員制クラブ」を話題にしようと思った。すごく強烈な光景で話としては面白いが、残念ながら写真がない。で、2012年12月に行った際のブログを見返したら、訪問時が丁度バングラデシュの独立記念日だった、、。という事で、次回のユーチューブ、「バングラデシュの独立記念日」に絡んだ内容にしよう。

しかし、前々から書いてたこのブログが、ユーチューブ作成の際に役立つとは。予想もしてなかった。



1月13日(月)「ブルース・リー銅像」

ユーチューブを始めた事を知った知人から、リクエストが入った。「九龍サイド、チムサチョイのスターアヴェニューにあるブルース・リーの銅像、これとアンディ・ラウの手形、これらをユーチューブ上でアップして」と、、、。何でも、この知人の友達一家、今年の夏、香港旅行を計画してるようだ。で、その旦那さんと息子がブルース・リーの大ファンとのこと。そのため、ブルースリーの銅像見学は必須のようだ。また、奥さんは、香港人の俳優アンディラウのファンとか。そのため、事前確認を知人経由で言ってきたとか、、。死後何十年も経つブルース・リーだが、まだまだジャッキー・チェンより人気があるということだろうか。

ということで、「ブルース・リー銅像」と「アンディラウの手形」、近々、ユーチューブ上でアップします。

<スターアヴェニューにあるブルース・リー銅像。子供が真似ている>



1月12日(日)「ザィード国王」

何気にネットのニュースを見てたら、オマーンの「ザイード国王」が死去した旨が書かれていた。79歳、大腸癌だったようだ、、、。このザイード国王、非常に優秀な人だったようで、近隣諸国のどこの国とも良好な関係を結んでいたようだ。オマーンが隣接するのが、サウジアラビアにイランにイエメン。イラクやアフガニスタン、パキスタンも近い。曲者の国ばかりだ。が、ザイード国王率いるオマーンはどこの国とも良好な関係を結び、イランとサウジアラビア、イランと米国がトラブった時に調停役として駆り出されていたようだ。「現在のように、中東が揉めている時は(特に)力を発揮する人だったのに」と、残念に思う、、。ザイード国王亡き後のオマーン、どうなるのだろうか。

このザイード国王については、下記ユーチュブのオマーン編でも触れてるので、ぜひご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCVRB-ZJd7x1UAMbNU1SXLbA?view_as=subscriber



1月11日(土)「切手マニア」

昨晩、家に戻ると、「書留書類を届けたが不在」の通知があった。朝、ピックアップ先の近くの郵便局に、この書留書類を受け取りに行った、、、。朝の9時過ぎに郵便局を訪ねると、3−40人ぐらいの人達が並んでいる。聞くと、今日が記念切手の売り出し日のようだ。並んでいるのは「切手マニア」の人達。(因みに、郵便局のオープン時間は9時半だった。)ところで、今現在でも、「郵便局が記念切手を発行し、マニアがその購入のために列に並ぶ」と言う事実に、少し驚いた、、。実用的な面で行くと、手紙やハガキを出す人の数は、今後ますます減っていくだろう。そうなると切手の実用的な価値も下がると思うのだが、、。

「切手の実用価値が減るのに反比例して切手の価値が上がる」という事もあるのだろうか?

<記念切手購入のため、続々入場する切手マニアの人達>



1月10日(金)「香港芸術祭」

正月、テレビで見たウイーンのニューイヤーコンサートについては、先日のブログで書いた。ところで、このニューイヤーコンサートを指揮したのが、ラトビア出身の指揮者「アンドリス・ネルソンス」。最近売り出し中の新進気鋭の指揮者だ、、、。旧正月明けから開かれる香港芸術祭。今年の日程を見てたら、なんとオープニングが、このネルソンス&ボストン交響楽団の演奏。日程が、2月12、13日。ところで、パンプレットを見て、どうしようと思った。2日間とも魅力的な演奏曲目。初日はピアニストにブロンフマンを呼んでのモーツアルトのピアノ協奏曲だし、2日目は香港芸術祭のオープニグで演奏曲目がドボルザークの新世界、、。出来たら、2日連続聴きたいなー。

という事で、激動の年だった香港も、2月には年明けとなる。

<ネルソンス&ボストン響>



次のページ »