1月9日(土)「付加価値サービス」

かなり前だが、資産家と思われるK社長にファースクラスの航空券をすすめた。その時のK社長の返事が面白かった。「ファーストクラスだと早くつくのか、、、」。これは、結構含蓄のある言葉だと思う。日本航空の経営不振が騒がれて久しい。いつも思うことだが、航空会社、もっと差別化したサービス提供できないかと思う。例えば、入国審査。これにうんざりしてる人は多いと思う。JALのファーストクラス利用者は、米国入境の際にクルーと同じところを通関できて、1時間以上節約できる、、、とか。つぶすべき問題点多いと思うが、こうした付加価値が付けば、K社長でも喜んでファーストクラスを利用すると思うが、いかがなもんだろう。

アメリカでは、APECパス所持者は、クルーと同じところで通関できる。これは、かなりの時間の節約だ。航空会社が、優良顧客のために特殊パスの取得代行をする、これもありだと思う。