7月1日(木)「中古車部品輸出」

ダッカに赴任していたいとこから、バングラデッシュでの中古車売買金額の高さを聞いて、驚いたことがある、、、。極東ロシアでは、以前から日本の中古車が大量に輸入され、一時は車の台数の90%が、日本製中古車という事もあったようだ。しかし、昨年から、ロシアでは、自動車製造メーカーの保護のためだろうか、5年以上の中古車輸入関税が大幅にアップ。これに伴い、昨年のロシアへの中古車輸出も、大幅に減少したようだ。30万台あった輸出台数が、1万台まで落ち込んだとのこと。ただ、この関税、自動車部品には当てはまらないようで、前輪駆動車を中心に、最近は、部品輸出が盛んなようだ。部品として輸入したものを、現地で組み立てて、中古車として販売するのだろう。でも、業者も必死だと思う。30万台が、1万台まで減少すれば、それは大変だ。部品輸入も窮余の策かもしれないが、極東ロシアの中古車事情、今後どうなっていくのだろう。

税務関係に詳しいI氏から、聞いた事がある。外国人、特に発展途上国の人が日本で法人をつくるのは、中古車輸出業者が多いと。中古車売買のオークションに、参加するのが目的のようだ。



  • ようこそ!
    China World 社長の「まだ続いてる?!」ブログへようこそ!
    2009年11月4日開始。基本的に毎日更新。(時々数回分をまとめてUPすることもあり)
    最終目標は10,000回。因みに、3,000回達成は2018年1月19日、5,000回達成は2023年7月13日、10,000回達成は2037年3月21日の予定。

    弊社ウェブサイトも是非ご覧ください。

    http://www.chinaworld.com.hk/

    ※China World 社長は時代にマッチしたサービス(ビジネス)を一速く見つけ出し、提供する事を常に考え、また趣味においては、2030年10月31日迄に世界193カ国(国連加盟国)すべてをまわる事を目指している。


  • アーカイブ

  • 最近の投稿

  • カレンダー

    2010年7月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 最近のコメント

  • カテゴリー

  • お問い合わせ

    お問い合わせ