6月3日(日)「時間を守る訓練」

昨晩から泊まりにきた友達2人と、息子が、ゲームで延々と遊んでいる。「外で遊んで来て」、と嫁とメイドが何度言っても、子供達、なかなかやめない。いい機会なので、この件について、話し合う事にした、、、。嫁やメイドが心配するのは、息子が長時間PCに向かう事で、目や姿勢が悪くなる事。それだったら、「1時間PCに向かったら、1時間休む」。「PCに向かう最長時間を、1時間半にする」、これらを、息子に提案した。すると息子も、あっさりOK。今後は、これらが、きちんと守られているかどうか、確認すればいい事になる。ところで、ゲームを悪い事として、一方的にやめさせる事も出来る。だが、これだと、子供達は、隠れて遊び続けるはず。それよりも、ゲームを時間厳守の材料に使う。そうすると、皆のストレスも少なくなるし、時間管理のいい訓練になる、、。学びの機会、至る所に転がっている。

このやり取りを見て思うのは、「人は、強く言われる事には反発する」、と言う事。強制するのではなく、納得させなければならない、と言う事だろう。