1月2日(水)「引き際」

嵐に、「いつ引退しますか?」と聞かれた48歳のマッチ。「50歳が一つの目安になる」と答えていた、、、。元旦の天皇杯サッカー決勝を見ていたら、解説者として、つい先頃引退したゴンこと中山雅史が出てきた。アナウンサーに現役への未練を聞かれた中山、「未練タラタラですよ」と答えていた。口では未練タラタラと言いながらも、45歳まで現役でいられる選手、そうそう多くない。とことんやり尽くしての、引退だったのだろう。昨年末、大リーガーの松井も引退した。まだ、38歳。日本のプロ野球界に復帰という事も考えられたと思うが、「自分の望む活躍ができる自信がない」という事での引退。ちょっと早過ぎる気もするが、惨めな姿は見せたくない、という事だったのだろう。歌手でもサッカー選手でもプロ野球選手でも、時代を作った選手の引き際は難かしい。早過ぎてもいけないし、遅過ぎれば、その名に傷がつく、、。どんな業界でも、その引き際、ホントに難しい。

ところで、松井の引退後の3つの夢の一つは、「大学入学」らしい。さすが、松井だ。