1月20日(日)「短気は損気」

「短気は損気」と言うが、短気を出して得をする事、そうそう多くない、、、。友達の家に泊りに行った息子が、次の日の夜になってもなかなか帰って来ない。昼前の電話で、19時に戻ると言ったきり、その時間になっても、戻らない。また、間の悪い事に、携帯もバッテリー切れになっていたようだ。ここで、夕食を作り待っていた嫁の、堪忍袋の緒が切れた。やっと戻ってきた息子を、問答無用に怒鳴りつけた。ところで、後ほど、落ち着いた息子に事情を聞くと、泊まりに行った友達の家に自転車を置いていたが、その自転車を持ち帰るため、友達の家の玄関で待っていたとの事。19時前に戻ると言っていた先方の帰宅が遅れ、息子の戻りも遅くなったとか。とかく、我々は、自分の思う通リに事が運ばないと、面白くない気分になるし、相手に対して怒りを向けることも度々だ。が、今回のように、正当な理由がある場合もある、、。怒るにしても、感情的になるのではなく、状況確認をしてから、怒りたいものだ。

今回の件で学んだのは、叱るのはいいけど、怒るのは良くないという事。まさに、短気は損気だ。