1月5日(木)「下げ止まらない人民元」

先日、深セン湾から香港空港への移動で、ダブルライセンスのバンを利用した。価格は150人民元。香港ドルのレートを知りたくて、「香港ドルでは?」と聞いたら、「香港ドルは受け付けない」と答えてきた、、、。人民元が下げ止まらない。2016年の対米ドル下落率は6%超。人民元の流失を防ぐために、中国人民銀行は、国境を跨ぐ元取引の監視強化に努めているようだ。海外旅行の持ち出し制限、銀聯カードの上限設定、海外への大口額の送金停止等々、様々な成約を設けても、中国から流失する人民元の勢い、止まらない。今後も下がり続けるであろう人民元、当然国民(特に富裕層)は、人民元を中国外に出そうとする。何でも、11月以降のビットコインの中国人利用者が急増。ビッドコインの値上がりというより、人民元を中国外に出す事を主に置いてるようだ。こうした何やかんやで、中国内での香港ドルの利用もだいぶ制限されてきた、、。下げ止まらない人民元。一般生活の中でもいろんな規制が出て来た。一体どうなるのだろう。

元取引の監視強化で、中國へのインとアウトのお金、だいぶ面倒になってきた。厄介な話だ。