1月1日(水)「イニエスタとビリャ」

新装国立競技場のオープニングマッチになった2020年のサッカー天皇杯の決勝。「鹿島アントラーズ」と「ヴィツセル神戸」の対戦だった、、、。ところで、ヴィッセルのメンバーは、すごい。「イニエスタ」に「ビリャ」に「ポドルスキー」。これに、「山口蛍」や「酒井高徳」もいる。まさにドリームチームだ。ところで、イニエスタやビリャが活躍したのは2010年のW盃南アフリカ大会。グループリーグの初戦のスイス戦で敗れて、次の試合でチーム最初の得点を挙げたのがビリャ。それから、オランダとの決勝戦の決勝ゴールを挙げたのがイニエスタ。2010年大会だから10年前の話だ、、。あれから10年。イニエスタとビリャ、互いに現役でバリバリ活躍している。これには、いい刺激をもらった。

ビリャはこの試合を最後に引退だが、イニエスタはまだまだ現役続行。ますます、頑張ってもらいたいものだ。