3月8日(日)「無観客興行」

コロナウイルス感染防止対策の中、無観客での興業開催した大相撲春場所。その初日の模様を、テレビで見てみた、、、。この大相撲春場所の無観客での興業開催。日本国中で大相撲のテレビ中継を楽しみにしてる人達。特に、お取り寄りの人達のために開催に踏み切ったのだろう。ところで、今回の興業の決行。関係者は、ハラハラの毎日だろう。力士に毎日の体温検査を義務付け、体温が37度5分を2日続けて越えたら休場とか。「37.5度」、ちょっと熱っぽい感じでも越えそうな感じ。激しい相撲を毎日取る力士達、これを超える事は十分考えられる、、。何とか、今場所を最後まで乗り切りたい、関係の偽らざる気持ちだろう。

今場所大関取りの朝の山。この無観客、有利に働くのかそれとも不利に。