4月15日(水)「数値化」

緊急事態宣言の中で、安倍首相が盛んに訴えたのが、「出勤の7割減」。そして、「人との接触の7割減」。この7割減という表現、すごく新鮮に感じた、、、。例えばこれが、「出勤を極力抑える」、または、「人との接触を極力抑える」。こうした表現だと、曖昧過ぎてわかりにくい。また、人によって「極力」という表現の受け取り方が違うので、すごくわかりにくい表現になっただろう。が、7割減だと、割とイメージしやすい。「100人の従業員を抱える経営者だと、30人が出勤で、70人を在宅」。また、「毎週50人の人と合っていた営業マンだと、これを35人減らして15人にする」と言った具合にイメージしやすい、、。曖昧さをなくすためには、数値化するのが効果的だ。

この数値化、いろんなところに転用できそうだ。