4月19日(日)「ADHD(注意欠如多動性障害)」

先日、先輩と飯を食べてたら、突然、「俺、ADHDなんだよな。」と言ってきた。で、「ADHD、一体それ何ですか?」と聞き返してみた、、、。何でも、ADHDとは「注意欠如多動性障害」。「不注意」、「多動性」、「衝動性」を組み合わせたような性格とか。不注意はともかく、多動性、衝動性は全然悪いものではない。なぜ障害と言われるのか、よくわかりかねた。ところで、このADHDを自負する先輩、確かに多動的な人だ。とにかく好奇心旺盛。何でもやりたがる。これらは先輩の仕事に十分役立っているようにみえる。が、これ、裏側からみると、ADHDという発達障害の一種とか、、。見る角度によって、捉え方が全然違ってくる。面白いものだ。

「好奇心旺盛な行動力も行き過ぎると障害の一種として捉えられる」、という事何だろう。