7月31日(金)「朝令暮改?」

先日、香港政府から発表された飲食店内での終日飲食禁止。これが、施行後1日で撤回。今日の朝5時から夕方17時59分までは、店内飲食オッケーになった。これ、「飲食店関係者や屋外で食事をとらざるえなくなった労働者からクレームが殺到したため」と思われる、、、。この香港政府の朝令暮改、どう判断すればいいだろう。「節操もない政策を打ち出して」と非難する事もできるが、今回は、早めの政策撤回を評価したい。一度決めた事だから、決定事項に固守するより、飲食店関係者や労働者の声に耳を傾けての急遽の政策変更。香港政府の柔軟さの表れと評価したい、、。という事で、ランチ時間の飲食店内での食事、オッケーになった。やれやれだ。

今回のコロナ騒動、政府もその政策については神経を使ってる事だろう。



7月30日(木)「インジェラ」

たまたま、米国人の人気ユーチューバーの動画を見てたら、エチオピアの伝統的な食べ物「インジェラ」を絶賛していた。このインジェラ、「アフリカNO1の食べ物。ベジタリアンもビーガンも肉食主義者も誰でも食べられる」と、、、。エチオピアの人達が、1日3食。365日食べてるというインジェラ。イネ科のテフという植物の粉を水と混ぜ合わせ、数日かけて発酵させたもの。その後、クレープ上にして片面を焼き上げたもの。このインジェラの上にワットというおかずを置き、手で食べる。このインジェラ、スポンジを噛んでるような感じで、エチオピア滞在中3食ともこのインジェラが出てきたが、ついぞ慣れる事ができなかった、、。しかし、米国人の人気ユーチューバーはこのインジェラを絶賛。人の味覚はだいぶ違う。

しかし、「インジェラがアフリカNO1の食べ物」、ちょっと褒めすぎでは、、

<エチオピアで、これでもかという具合にでてきたインジェラ>



7月29日(水)「ロックダウン」

当初、新型コロナウイルスを押さえ込む成功例と言われていた香港。が、この3週間ほどの間に、コロナの急拡大に見舞われている、、、。公共の場所での集まりを4人までにし、その2人まで減らされた。また、夜18時以降禁止だった飲食店内での飲食を、終日禁止にした。このように対策を強化している香港政府だが、一向に感染増加が収まる兆しが見えない。次なる政府の一手は、ロックダウン(都市封鎖)だろうか。ロックダウンの措置が取られると、出勤を含めた外出が制限され、終日の在宅を余儀なくされる、、。香港のロックダウン、これだけは避けてもらいたいものだ。

という事で、最近の香港の雲行き、だいぶ怪しくなってきた。



7月28日(火)「飲食店苦悩の時代」

今日の深夜0時から、日付が変わる7月29日から1週間、飲食店内での飲食が禁止される。これ、飲食店にとっては死活問題だ、、、。昼、知人と、尖沙咀の日本料理店で飯を食べた。さすがに人気店だけあって、相変わらず混み合ってる。「大したものだ」と思いながら、いつもお願いする定食を頼んだ。すると、おかずの数が1−2品少なくなっている。こうした点にも、お店の苦悩が見て取れた。また、食べ終わって帰ろうとすると、お店の前には出前用の箱が積み上げられてる、、。明日からの店内での飲食禁止に対する措置だと思うが、飲食店苦悩の時代、暫く続きそうだ。

と言う事で、明日からの1週間、飲食店内での飲食、禁止になる。これ、結構大変だ。



7月27日(月)「前向き思考」

昨日、何気にネットのニュースを見てると、「アントニオ猪木が難病を告白」という記事が目についた。燃える闘魂で「元気ですかー」の猪木が難病とは、驚いた、、、。記事を読むと、あの猪木も77歳。少し前の糖尿病から車椅子生活になり、「心アミロイドーシス」という耳慣れない心臓病を患っているようだ。ただ、インタビュー記事を読むと、「この心臓病の薬代が馬鹿高い」とか。そのため、「77歳になっても、働いてお金を稼がなくてはならない環境に感謝する云々」という猪木の発言が記されていた、、。さすが猪木、車椅子生活になろうが、珍しい心臓病にかかろうが、その前向き思考は相変わらずのようだ。大したものだ。

スタン・ハンセンやタイガー・ジェット・シンと激闘を繰り広げた猪木が77歳とは。月日が経つのは、ホント早い。



7月26日(日)「大ヒール」

場所中、夜の街での会食が発覚した大相撲幕内の「阿炎」。今場所、千秋楽までの休場が決定した、、、。この阿炎、話題に事欠かない力士だ。以前、テープで縛りつけた弟弟子をユーチューブ上で公開。この動画が拡散し、相撲協会からお灸を据えられた。と思ったら、今度は今年2月の力士説明会。終了後感想を聞かれた阿炎は、「爆睡してた。何も聞いてない」と回答。またまた、協会幹部を激怒させた。そして、今度の夜の街での会食問題。すっかり、お騒がせ力士としての地位が確立された、、。今後の阿炎、これらを逆手に取って、「大相撲会の大ヒール」として立ち回るのも面白いのでは。そんな事を思った。

国技館に阿炎が登場するやいなや、大ブーイングがこだまする。面白いと思うのだが、、



7月25日(土)「年内入境不可」

9月18日までとされてきた外国人の香港入境禁止条例。これが、12月31日まで延長。これにより、今年いっぱい香港居住者でない人間は、香港入境が不可になった。また、これとともに、香港居住者の香港入境時の14間の隔離、これも継続される事になった、、、。多分そうなるのではと予想していたが、実際、条例の延長が発表されるとがっかりした。これで、今年中の移動はかなりハードルが高くなった。仮に、相手先の国が問題なくても、香港に戻ってからの14日間の隔離。これはきつい。自分の家やホテルから2週間、一歩も出られないのは、やはり問題だ、、。という事で、今年中の移動が大変難しくなったなー。

まあ、政府の決定に文句をつけてもしょうがない。この状況を、より有意義に出来るよう考えていこう。



7月24日(金)「オンラインセミナー」

コロナウイルスの関係で、長く移動が制限される時代。ZOOMを使っての「オンラインセミナー」を試してみた、、、。慣れないZOOMを使ってのセミナー。問題が起こる事も大いに考えられたので、よく知った人達10名程度に絞って行ってみた。まず、画面切り替え方法がよくわからない。なんとかこれをクリアーしたら、今度は声にエコーがかかる。「えっ」と思っていると、参加者の一人から「声のハウリングを消すには、話す人間だけがマイクをオン。あとの人達はマイクを切った方がいい」と。その通りにすると、ハウリングがきれいに無くなった、、。このZOOMを使ったオンラインセミナー、まだまだ試行錯誤が必要なようだ。

しかし、暫くすると、このオンラインセミナーが主流になるんだろうなー。



7月23日(木)「4連休」

「何か、今日は静かだなー」と思って、日本のカレンダーみたら、今日と明日が祝日。今日が海の日で、明日がスポーツの日、との事だ、、、。よく考えてみると、東京オリンピック開催か否かを議論してたのが3月。まだ、わずか4ヶ月前だ。が、この4ヶ月で状況は激変。オリンピックどころではなくなった。世界中でコロナウイルスが蔓延。移動が抑えられるようになった。こうした状況下では、「来年夏の東京オリンピックの開催もどうなんだろう」と思ってしまう、、。本来なら、オリンピック期間中の4連休。日本中が盛り上がっていたはずなのだが、、

この4連休、出かける人は多いのだろうか。



7月22日(水)「冷水シャワー」

先日、知人から「冷水シャワー」を勧められた。「夜、冷えた水でシャワーすると、体がすっきりする」と、、、。夜、帰宅後、この冷水シャワーを試してみた。外は、33−34度の暑い日。部屋の中も蒸し暑い。クーラーをガンガンに回す。それでも、暑さを感じる。こうした中、冷水でのシャワーを試してみた。ところが、これが予想以上に気持ちいい。長く冷水にあたると、そのうち体が冷えてくる。冷たさを感じるが、体はすっきりする。知らない間に、クーラーも切っていた、、。この冷水シャワー、できるのもこの夏の時期だけ。暫く続けてみよう。

と言う事で、この冷水シャワー、いつまで続けられるのだろう。



次のページ »