9月30日(水)「現物金」

香港人の知人から、「金」の購入を勧められた。この金、ペーパーの金ではなく、現物の金。上環にある金銀の貿易場で購入するようだ、、、。ところで、話してる最中に、「両」と言う単位が出てきた。1両が19000香港ドル/粒、と。この「両」とか「粒」、全く馴染みのない単位。1両とか、/粒とか聞いて、「えっ」と思った。ところで、この香港人の知人、この金を頻繁に購入してるようだ。彼曰く、「香港ドルや米ドルで持つのはリスクが高い。不動産か金での所有になるが、不動産は速攻性がない」。と言う事で、この1両の金をいくつも購入、所有してるようだ、、。因みに、1両=37.5グラムとか。結構な重さだ。

「所有する札束すべてを見る事はできないけど、所有する金はすべて目にできる。そのため、心の安定を得られる」、この香港人の言葉面白い。



9月29日(火)「連絡はユーチューブ上から」

だいぶ以前付き合いがあり、この10年近く連絡を取ってなかった知人。この知人から、連絡が入った。この連絡、フェースブックやインスタグラムではない。投稿してるユーチューブ上に、コメントとして連絡が入った、、、。「以前の旧友をファースブック上で見つけて連絡入れる」、これはよくある事だと思う。が、これが、「たまたま視聴したユーチューブが知り合いのもので、懐かしくなってユーチューブ上から連絡を入れる」。ユーチューブの投稿が一般的になってきた今からの時代では、こうした事が頻繁に起こってくるのだろう、、。旧交を温めた後、知人の同行をユーチューブ上で知る。ユーチューブ動画、より密接に実生活に関わるようになっている。

この10年ぶりにオンライン上で再会した知人。以前より数段スケールアップしていた。



9月28日(月)「適度な負荷」

「体を健全に保つためには、適度な負荷をかける事が大事」、知人からこのようなアドバイスがあった、、、。「適度な負荷」と聞くと、①食事の量を減らす、②運動をする、③サウナに入る、との事。①、②についてはよく聞くが、③のサウナに入るには、「えっ」と思った。一般にサウナは、「減量には役立つが、体に負荷をかけるのであまり勧められたものではない」、このように思っていた。が、適度な負荷という面から見ると、かなりいいらしい。熱いサウナに入った後に水風呂を浴びる、こうした行為が、適度な負荷として健康を維持するのに効果的に働くとか、、。最近トライしてないサウナ、またどこかのタイミングで試してみよう。

そう言えば、空腹も運動もサウナも適度な負荷。「適度な負荷」について考えてみよう。



9月27日(日)「超スパルタ指導」

ベートーベンのピアノソナタ23番の「熱情」。ロシアの革命家レーニンがこよなく愛した曲だ、、、。ところで、家に帰ると、この熱情が聴こえてくる。弾いてるのは、近くに住むまだ5−6歳の子供。子供の演奏とは思えない、素晴らし出来栄えだ(と思う)。が、演奏の途中で、怒鳴り声が聞こえてくる。おじいさんだかお父さんだかわからない人間が、広東語で怒鳴り始める。すると、子供の泣き声が聞こえてくる。子供の泣き声とともに、演奏が止まる事もあれば、継続する場合もある。多分、演奏内容について、大声で指摘してるのだろうが、怒鳴り声にしか聞こえない、、。この時代、あまり聞かれなくなった「超スパルタ指導」。一体どんな結末、待ってるのだろう。

しかし、5−6歳の子が弾く熱情。なかなか、趣がある。



9月26日(土)「コロナ後の飲食ビジネス」

コロナウイルスの感染者も減り、子供達の学校も再開した香港。少しずつ日常が戻ってきてるようだ、、、。ところで、日常が戻るにつれ、やっきになってる仕事の一つが、飲食業。今までは、ライバル店との競争だったが、これが最近では、「コロナの蔓延で変わりつつある日常を元に戻す」、という作業も必要になった。継続的な自炊生活、出前生活に慣れてきた人達。彼らの生活スタイルを、またコロナ以前に戻す必要がある。そのため、一部の飲食店は、「店内」で楽しめるしくみを提供しはじめている、、。コロナ後の飲食ビジネスのやり方、結構変わってくるのかもしれない。

会社近くで、マグロ解体ショーを大きく打ち出してるお店があった。こうしたお店、増えてくるのだろう。

<まぐろ解体を打ち出してるお店>



9月25日(金)「メンバーカード」

コロナウイルス蔓延以降、結構生活スタイルが変わった。その中の一つは、外食ではなく自炊が増えた事。この自炊のため、以前はほとんど行かなかったスーパーマーケットに行く機会が増えた、、、。たまに、家の近くのパーキンショップ(香港のスーパーマーケット)に行く。すると、レジのおばさんから聞かれる。「メンバーカードは(ある)?」と。「ノー」と毎回答えてたわけだが、ある時、顔馴染みになったおばさんが言ってきた。「なんで、メンバーカードを申し込まない」と。という事で、アップルストアーから、パーキンショップのメンバーカードを申し込もうと思ったら、「マニーバックというカードの方がいい」とのアドバイスがあった、、。スーパーのメンバーカードも使い分ければいいようだが。ホント、難しい。

という事で、この2つのメンバーカード、どちらを選ぼう。



9月24日(木)「朝日記」

通常、日記を書くのは夜。早くても夕方、という人が多いと思う。が、知人から、朝書く日記を勧められた、、、。この朝書く日記、あくまで自分使用。人に見せたり、ブログ等で公開しないもの。自分が感じるままに、A4サイズのノート3枚ほどに手書きで書く。これを、勧められた。この自分の朝日記を書く事で、自分自身の頭の整理になり、自分の感情に気付けるようになるとか。A4サイズ3枚だとかなりの分量だと思うが、これ一度トライしてみよう、、。という事で、「朝日記」をやってみる事にした。どんな感じなんだろう。

日記と言うより、自分のその時の感情をペンで滑らせる、という事なんだろう。



9月23日(水)「学生ビジネス」

まだ20歳前後の3人の学生達と会う機会があった。この3人、動画の撮り方、編集、アップロード、これらを教えるビジネスを考えているようだ、、、。ところで、この3人が対象として考えてるのは中学生、高校生。これらの中高生に、動画に関するあらゆることを伝授する事を考えている。なぜ、対象が中高生かと聞いたら、「自分らと感覚の近い世代じゃないと教えられない」と。また集客に関しては、オンラインで中高生に関して塾ビジネスをやってる人間を引っ張ってきて、そこから拡げていくとか。また、各中学校や高校にチラシを貼り営業活動を進めていくようだ、、。押さえるところをしっかり押さえてる彼らのビジネス。きっと、うまくいくだろう。

この彼ら、動きが早いのが何よりもいい。参考にしないと。



9月22日(火)「栃ノ心」

近々、ユーチューブ上で紹介するのがコーカサス地方のジョージア。このジュージアの中でも、世界遺産の2つの聖堂がある古都ムツヘタ。ここを紹介するわけだが、このムツヘタ、大相撲の「栃ノ心」の故郷でもある、、、。このムツヘタを訪ねたのが2018年。この当時は、栃ノ心は大関。少し前に幕内最高優勝も勝ち取り、横綱も夢ではないと思われていた。が、その後、度重なる怪我もあり、大関を陥落。今現在は、幕内4枚目で4勝6敗。ひと頃の勢いはなくなった。栃ノ心があのまま横綱に駆け上がれば、ジュージアもムツヘタももっともっと注目を浴びただろうに、、。という事で、ジュージアのムツヘタ編、今週末の公開になる。

この2年の間に、大相撲を取り巻く環境も大きく変わったなあ〜。

<山の上に建つ、ジョージア・ムツヘタの「ジュワリ聖堂」。



9月21日(月)「プール再開」

コロナウイルスの影響で、長らくストップしていた香港の公共プール。これが、昨日から再開した、、、。以前プールで泳いだのは、どれぐらいだろう。多分、今年の1月頃だ。それ以降、長引くコロナウイルスの影響で、プールはずっと閉鎖。暑い夏の時期も利用できないでいた。ところで、昨晩久々にプールで泳いだ訳だが、やはり気持ちいい。水に浸かるだけでも、体中に気持ちいい感じが伝わる。ひと泳ぎした後の子持ちの良さも格別だ、、。まだまだ夏と思っていたが、プールの中では肌寒さも少し感じた。暑かった夏も終わろうとしてるようだ。

まだマスクは外せないが、香港の日常、少しずつ戻りつつある。



次のページ »