9月7日(月)「信用と信頼」

我々がよく使う言葉に、「信用」と「信頼」がある。ところで、この2つの言葉、似てるようで、その意味するところは大きく違うような気がする、、、。「信用」と言うと、その社会的な地位や収入、集客力、そうしたものに負うところが多いように思う。経済状態をバックボーンにした評価。銀行やカード会社が、「あの人は信用がある」と言う場合は、その返還能力を言う事が多い。一方、信頼は、面識のある人間に限定される。互いに面識のある中で、信用して頼り頼られる関係、これが信頼だと思う、、。「頼り頼られる信頼(関係)は、ほどほどがよく、数値化出来る信用は、高いにこした事がない」、という事だろう。

たまには、信用と信頼について考えてみるのも面白い。