10月11日(日)「圧巻の投球」

コロナウイルスの関係で開幕が遅れたプロ野球。10月に中旬に差し掛かっても、まだまだ戦いが続く。11月前半まで、ペナントレースが続くようだ、、、。昨日行われたカープVSヤクルトの公式戦。新人の森下の投球は、まさに圧巻だった。試合早々、ノーアウト満塁のピンチ。ここでヤクルトのバッターは、若き4番の村上に、曲者の青木。絶対絶命のピンチだったが、ここからギアが上がった。村上を三振に打ち取ると青木をサードゴロ。次のバッターも三振に打ち取った。テレビ越しにも、そのギアが数段上がったのがよくわかった、、。という事で、勝ち星をプラスした森下。新人王、取れるのだろうか。

5位のカープと6位のヤクルトの戦いだったが、それなりに楽しめた。