4月11日(日)「投高打低」

先月末に開幕したプロ野球ペナントレース。コロナ禍の中、延長なしの9回打ち切りルールの所為だろうか。今年のセリーグのペナントレースの序盤戦、投高打低の状況が続いている、、、。まず、昨年の覇者のジャイアンツ。外国人選手の来日遅れに主力選手のコロナ感染。そのため、打てない試合が続いている。得点3点以下の試合が12試合連続。開幕2戦目以降、4点以上取れてない。で、それ以上に深刻なのが中日ドラゴンズ。開幕戦でビシエドがホームランを打って以来、一発が出てない。12試合連続ホームランなし。球団ワースト記録は1956年の13試合連続だ、、。この投高打低の状況、いつまで続くのだろうか。

こうした中、阪神のゴールデンルーキー佐藤輝明。場外弾を含む3本塁打。しっかり結果を出している。



4月10日(土)「ATMカードと信用カード」

昨日、会社近くのお店に向かう際に現金の持ち合わせがないのに気が付いた。行こうと思ってるお店、200香港ドル以下は信用カードが使えない。近くのATMで現金引き下ろしの必要が出てきた、、、。という事で、近くにあるHSBCに行き、ATMでお金を引き下ろそうとした。ところで、このHSBCでのATM利用は久々。メインバンクを切り替えたので、最近はなかなか使う機会がなかった。で、ATMを入れ暗証番号を押すが、番号違いになる。「あれ?」と思いながら仕方なく窓口に行き、現金引き下ろしを依頼した際に気が付いた。HSBCのATMカードのつもりがHSBCのマスターカード、これを使ってやり取りをしようとしていた、、。数ヶ月使わないでいると、すっかり忘れてしまうものだな〜。

ところで、このHSBCのATMカードとマスターカード、よく似ている。他にも間違える人、いるだろう。



4月9日(金)「一口入魂」

先日MTRに乗っていたら、面白い宣伝広告が目に止まった。飲食店の宣伝広告で、「一口入魂」というものだ、、、。この「一口入魂」、「究極香辛」という謳い文句とともに使われている。日本では、よく「一球入魂」という言葉を耳にするが、中国語でも「入魂」という言葉を使うのだ面白く思った。この入魂、(中文でも)読んで字の如く、魂を入れて事にあたる様の事だと思うが、飲食店の一口入魂という謳い文句、とても好ましく思えた。一昨年のデモ騒動から昨年来のコロナウイルス蔓延防止策。それらで壊滅的ダメージを被っている飲食店業界。お店の存亡をかけて必死なんだろう、、。早くコロナ騒動が収まればいいのだが。

今の時代、魂を入れた入魂の仕事が求まられてるのだろう。参考になる。

<一口入魂の宣伝広告>



4月8日(木)「飲食店ビジネス」

昨日の知人とのランチ。食べる予定のお店が二転三転。当初とは、全く異なる形になった、、、。一番最初は、香港島にこの知人オススメのイタリアンがある。そこで食べる予定だった。が、このお店、臨時休業なのか閉店したのか連絡がつかないようだ。で、他の香港島のお店に変更になった。が、なんとこの店も連絡がつかないとか。ということで、今度は九龍サイドの老舗のイタリアンになった。知人曰く、「ここも長引くコロナ禍、お店が存続してるか心配だけど」と。何とか営業を続けていたこのお店も、オーナーが変わったようで、お店のサービス、料金体系が大きく変わっていた、、。長引くコロナ禍、飲食店を継続させるの、大変なんだろう。

久々に行くお店の場合、店自体が営業を続けているか、まずその確認が必要になる。



4月7日(水)「スムーズなワクチン接種作業」

今朝、BIONTECH社のワクチン接種を受けた。アポの時間は9時半。「色々なやり取りで午前中が潰れるのかな」と思っていた、、、。ところで、このワクチン接種、事のほかスムーズに行った。15分ほど早めに会場についたが、すぐ手続きができる。事前予約の記録とIDカードを提示。すると、英文のワクチン接種についての説明書を渡され、OKならと署名を求められた。その後、すぐワクチン接種、看護婦は「少し痛いですよ」と言ったけど、何の痛みも感じない。蚊に刺されたような感じ。「注射の技術も進んだんだな〜」と思った。その後、会場で20分ほど待機して終了、、。(待機時間も入れ)所要3−40分程度。非常にスムーズなワクチン接種だった。

看護婦さんに接種の際の動画撮影をお願いしたが、あっさり断られた。まー当然か。



4月6日(火)「経済小説」

自分自身の会社員生活は、5〜7年。圧倒的に、自分でビジネスを行った期間の方が長い。が、どう言う訳だか、出世や妬みそしり、陰謀が渦巻くような会社員生活を描いたものには興味を惹かれる、、、。定期的に購入しているオーディブル。作品によっては聴きながら寝入っているものもある。今回は、「聴いてて眠くならない」を基準にしてみた。そうすると小説の方がいい。肩肘をつかずに気楽に興味を持って聞けるもの。そうして選んだのは、半沢直樹を書いた著者のものだった、、。この会社員生活の格闘を描いたこの作品。10時間超えの大作ながら、(眠くならずに)一気に聴き終えることができた。案外、楽しめた。

こうした企業組織や経営、仕事観をテーマとした小説、かなり楽しめる。



4月5日(月)「ワクチン接種」

先月30日と4月20日に予定していた「BIONTECH社」のワクチン接種。蓋とかパッケージに問題があったとかで、延期になっていた。政府の予約サイトに入っても、BIONTECH社分暫定中止のまま。一体どうなってるのか、よくわからないでいた、、、。昨日、知人から連絡があった。「暫定中止になっていた政府の予約サイト。これが、予約が入れられるようになってる」と。で、早速、予約を入れる事にした。予約が入れられるのは、イースターの大型連休明けの7日から。という事で、7日の朝と2回目は21日後の4月28日の朝に予約を入れた、、。明後日の接種、今度はちゃんと受けられるのだろうか。

接種の模様については、またこのブログで紹介する事にする。



4月4日(日)「5時半起床」

6時半にしてた朝の起床時間。これを、5時半に切り替えた。理由は、早朝のプールに行くため。早朝のプールも気持ちいいが、(程よい運動後の)朝の時間も気持ちいい、、、。6時半から5時半に、時間にしてわずか1時間だが、この差は大きい。朝起床後、家の周りをジョギング、運動。その後、早朝のプールに出かける。このプールも気持ちいいが、それ以上に、その後の朝の時間が気持ちいい。1日の中で時間を有効に活用している。「活きた時間」というのを過ごしてるという感じが、何とも心地よい、、。という事で、この5時半起床の生活パターン、暫く続けてみよう。

しかし、朝の時間の過ごし方は(ホント)大事。つくずく、そう思う。



4月3日(土)「三浦新監督」

先月末に開幕したプロ野球ペナントレース。セリーグで新監督なのは、横浜ベイスターズの三浦大輔監督だ、、、。ところで、この三浦新監督、苦しんでいる。開幕から1週間経つが、12球団で唯一勝ち星をあげられてない。このベイスターズ、主力の梶谷、井納が、FAでジャイアンツに移籍。それに加えて、コロナ禍の影響で、ソト、オースチン、エスコバーなどの外国人選手の来日遅れが発生。合流は、ゴールデンウィーク前後になりそうだ。こうした大幅戦力ダウンで迎えたペナントレース、投打の歯車が噛み合わずに三浦新監督の苦悩は深まるばかりだ、、。早く、三浦新監督の笑顔を見てみたいのだが、、、

しかし、この時期のベースターズの若手選手、絶好のチャンスだ。頭角を表す選手、何人かでてくるだろう。



4月2日(金)「ひと泳ぎ」

長い間閉鎖されていたスイミングプール。これが、昨日の4月1日から再開された、、、。という事で、早速、近くのプールに出かけてみた。プールで泳ぐのどれぐらいぶりだろう。昨年の10月、11月以来だから、半年ぶりになる。で、この久々のプール、やはり気持ちいい。水に浸かるだけで、体がぴりっとする。ゆっくりゆっくり、何往復かした。またそれ以上に気持ちよく感じるのが、ひと泳ぎのあと。全身が水に浸かり、心地よさとともに、エネルギーが充満してくるのを感じた、、。暫くは、このプール通い、続けてみよう。

今日の香港の気温は28度。またまた、暑い暑い夏がやってくる。



次のページ »