5月5日(水)「ギクワーカー」

テレビを点けっ放しにしてたら、耳慣れない言葉が飛び込んできた。「ギグワーカー」という言葉だ。これ、インターネット上のプラットフォームサービスを介して単発の仕事(ギグワーク)を請け負う労働者のことを言うようだ、、、。彼らの多くは企業に属さないフリーランスや個人事業主だが、企業に雇用されながら副業として取り組む人も一定数いるとか。このような形を基盤とした経済スタイルをギグエコノミーと言うようだ。このギグワーク、好きな時(時間のある時)に仕事ができるというメリットがあるが、日々仕事の内容が変わるため仕事内容を深めるという事には向かない気がする、、。やはり時代は、すごいスピードで変わってきている。

ネットが発達した今の時代、ホント便利な時代だ。