7月31日(土)「歩行1万歩以上」

ホテル生活を始めてから、毎日の習慣に幾つか加わった。その中の1つは、毎日の散歩。ただ、これだと漠然としてるので、「毎日の歩行1万歩以上」という事にした、、、。この歩行1万歩以上、クリアーするには朝か夜の散歩が必要になってくる。早朝のジョギングは結構な歩数を稼げると思うが、ジョギングの際携帯を持ち歩かないのでカウントされない。日々の日常をこなすだけでは、1万歩にならない。そのため、毎日の散歩が必要になると言う事だ。といことで、この1万歩をクリアーするため散歩に出かけるが、これ結構面白い。特に、馴染みのない街での散歩は、好奇心もくすぐられて楽しめている、、。という事で、日々の散歩、これからも楽しもう。

目的もなく街を歩き回る、これ案外楽しめるものだ。



7月30日(金)「口座解約」

弊社顧客が、突然銀行から法人口座解約を言い渡された。この顧客、特に出入金や送金関係に問題があった訳ではない。また、口座自体が出入金が全くない死に口座になってた訳でもない。定期的なビジネスがコンスタントに行われていたようだ、、、。こうした本来なら優良顧客と思われる口座が、なぜ解約されることになるのか。考えられるのは、ビジネスのボリューム。顧客を上場企業やそれに準ずる大手に限定。それ以外の中小零細企業にはサービス提供をやめ、一部のうるさい顧客に子会社のローカル銀行を紹介する、、。銀行都合でそこそこの顧客をカットする。今の時代にこうした事が行われて、ほんと驚いた。

しかし、このコロナ禍に口座解約を言われた会社は本当に大変。死活問題だろう。



7月29日(木)「経済復活?」

不動産関係の人と話をしてたら、「香港の不動産、底を打ったようで、これから上がっていきますよ」。このような趣旨の事を言っていた、、、。反政府デモに始まって、昨年からのコロナ騒動。暫くの間、香港の不動産下がる一方だったようだ。それが、ここにきてからの上昇の雰囲気。香港政府が、コロナの感染を押さえ込んでるのが、その一因になってるようだ。暫くの間、コロナ感染者ゼロが続く香港。ワクチン接種者の数も増えて、「もう、コロナは大丈夫。これから経済復活」みたいな感じだろうか。暫くの間、家賃を上げられずにいたオーナーが、最近こぞって強気の態度に出てるとか、、。香港の経済復活、意外に早いのかもしれない。

上昇基調を感じさせる香港の不動産。が、オフイス物件、これは低空飛行のままのようだ。



7月28日(水)「アッパーハウス」

先日知人から、アドミラリティ(金鐘)パシフィックプレイスにある「アッパーハウス」と言うホテル。「ここは凄くいいので、是非ホテルニューライフのリストに加えればいい」との推薦があった、、、。香港生活30年以上、以前は旅行会社も経営していた。が、アッパーハウスというホテル、その存在を知らなかった。キャセイ航空からのアナウンスで、たまにその名を目にしてたが、高級なサービスアパートか何かぐらいに思っていた。ところが、知人からの推薦で調べてみると、このアッパーハウスは、ちゃんとしたホテル。マリオットの高級ブランドで、世界中のセレブ御用達のブティックホテルとか、、。セレブに人気でも、一般的にはあまり知られていない。このアッパーハウスのマーケティング戦術、すごく興味がある。

という事で、急遽、アッパーハウスに宿泊してみる事にした。どんな感じか楽しみだ。



7月27日(火)「香港人が金メダル」

東京オリンピックの男子フェンシング個人で、香港人の張家朗が金メダルを獲得。香港人がオリンピックで金メダルを獲得するのは、返還後初。香港中が湧き立った、、、。ところで、この張家朗の金メダル獲得後、日本人の知人からお祝いの連絡が入った。「(金メダル)獲得おめでとう!!」と。「えっ、俺日本人だけど」と思いながらいたら、まだ別の知人からも「金メダルとりましたね。すごい!!」との連絡が。自分では全く意識してないが、日本人の知人たちは(自分のことを)「日本人というより香港人としてみてるのでは」と思われた、、。日本人のメダルラッシュでは連絡入らないが、香港人のメダル獲得ではお祝いの連絡が入る。長く住んでるうちに、日本人というより香港人と思われているのだろう。面白い経験だった。

始まったばかりの東京オリンピック、まだまだドラマが生まれそうだ。



7月26日(月)「適度なお願い」

たまに視聴するユーチューバーの動画を見てると、面白い事を言っていた。「円滑な関係を築くために、周りにバンバンお願い事をすればいい」と。この話を聴きながら、「へー」と思った、、、。このユーチューバーが言うには、「基本的に人はお願いされる事が好きなもの。そうした中、適度にお願いしてくる人がいれば、円滑で良好な関係が築ける」と。この話、面白い。とかく我々は、人にお願いする事を躊躇しがちだ。お願いする事で、相手に負荷をかけるし、嫌がられるのではと思いがちだ。が、適度なお願いは、良好な関係を保つ際の、有効な潤滑油になると、、。「適度なお願い」を意識しながら、行動してみよう。

確かに、お願いされる場合でも、鬱陶しく思う場合もあれば、嬉しく思う場合もある。適度なお願い、心がけてみよう。



7月25日(日)「雷警報」

ホテル生活に切り替えてから重宝してるのが、プールとジム。特にプールは、特別な事情がない限りは利用するようにしてる、、、。このプール、早朝の利用が日課になってきてる。朝早く水に浸かり、ゆっくり泳ぐ。至福の時間だ。ところで、この早朝のプール、2回利用できなかった。1回目は、先日の台風シグナル3。「まあー、これだとしょうがないか」と思った。で、もう1回が昨日。理由は、「雷警報」。曇ってはいるが、雨が降ってる訳ではない。が、プールの使用がストップしている。何でも、香港気象台から「雷警報」が出た場合はプール使用をストップしないといけないとか。雨も降らず、雷の素振りも見えなかったが、あえなく早朝スイミングは中止になった、、。雷警報、何を基準に出してるのだろうか。

という事で、早朝の天気を気に掛ける毎日だ。



7月24日(土)「ギバー」

オーディブルを聴いていたら、面白いテーマについて話していた。人のカテゴリーを、「与える人(ギバー)」「奪う人(テーカー)」「その中間の人(マッチャー)」に分ける。「どのタイプの人がよりよい人生を生きられるか」という話だ、、、。ギブアンドテイクという言葉、よく聞かれるし、人生に於いて、より成功し、豊かな豊かな人生を過ごせるの、マッチャーと思っていた。が、この著者が言うには、人生で大成功をするのは「与える人(ギバー)のようだ。で、とんでも無く人生で失敗するのもギバー。同じカテゴリーのギバーでも、片や大成功し、片や恵まれない人生を送る。「好意やサービスを単純に与えるだけでは駄目」という事だろうか、、。ギバーは、大成功者と失敗者に大きく分かれる。この話、面白い。

ビジネスに於いては、ギブアンドテイクが普通に言われているが、これも変わっていくのだろうか。



7月23日(金)「アドレスホッパー」

ジョブホッパーやホテルホッパーという言葉はよく聞くが、「アドレスホッパー」という言葉、ご存知だろうか。定住する家を持たずに、移動しながら生活する人々や生き方。これを、アドレスホッパーと言うようだ、、、。7月から香港のホテル暮らし。しかも、定住先を決めないで、転々とする生活を過ごしている。この生活、思ったより快適で面白い。ところで、これ、まさにアドレスホッパー。このアドレスホッパー、課題も多いようだ。まず、①施設によって生活の質が左右される。②郵便物の受け取り。③税金の手続き。④荷物を減らす必要がある。これらが課題点のようだが、自分の場合は、②③は問題なし。④も苦にならない。①はチョイスさえ間違えなければ大丈夫、、。アドレスホッパーに向いてそうだ。

という事で、定住地を持たない生活、暫く続けてみよう。



7月22日(木)「秋の気配」

今日が7月の22日。日本だと、これからが夏本番。8月に真夏の盛りを迎えるという感じだと思う。が、これが香港だと、一番暑いのが6月、7月前半。「それ以降は、少しずつすずしくなってくる感じ」と思っている、、、。先日、台風シグナル3が出たお陰で、宿泊ホテルの屋外プールはを使う事ができなかった。しかし、翌日も雨模様だったが、台風シグナルが消え、プールの利用ができた。この日、朝8時ごろの気温が27度。雨混じりの天気だったが、プールに飛び込んだ後、肌寒さを感じた。それまでは全く肌寒さを感じることはなかったので、香港の暑さもひと段落。これから、秋が駆け寄ってくるのかなーと感じさせられた、、。しかし、あの日のプールの水温、ホント肌寒く感じたなあ〜。

このブログを書きながらも、今日の香港は33度。まだまだ、暑い日が続きそうだ。



次のページ »