9月3日(金)「電子楽譜」

今日9月3日は、香港フィルの新しいシーズンの幕開けの日。音楽監督ズヴーデンの指揮で、ベートーヴェンの交響曲7番とバイオリン協奏曲。魅力的なプログラム、香港カルチャーセンターのコンサートホールに出かけてみた、、、。久々のコンサート、ズヴェーデン&香港フィルの熱演に「やはり音楽はいいな〜」と心底思った。ところで、今回の座席はバルコニー席。ズヴェーデンの顔が真正面に見える。こうした中、気が付いたのが楽譜。大半の紙で出来た楽譜に混じってIPADが置かれてる席がちらほらある。バイオリンやチェロなど管楽器の方が目立ったが、「伝統的なクラシック音楽のオーケストラの中にも電子楽譜が出てきたのか」と感慨深い気持ちになった、、。時代は着実に進んでいる。

この電子楽譜、「ページのめくり」はどうして行うのだろう。

<マスク姿でタクトを振るズヴェーデン>