9月16日(木)「住所証明」

7月からホテルを点々とする生活に入った。色んなホテルの滞在が出来て楽しめるが問題点も。「居住住所がなくなった」点だ、、、。今の時代、何をするにも住所証明を要求される。この住所証明も、事務所住所は駄目で居住住所。銀行口座の開設時や携帯電話の契約時も住所証明の提示が求められる。それどころか、香港法人のダイレクターも居住住所の提示が必要で、会計士はそのプルーフとなる住所証明を求めてくる。何から何まで、住所証明が必要になる。こうした中、ホテルを転々とするホテルホッパーは、銀行口座も開設できないし携帯番号も持てない。そして、会社のダイレクターにもなれないという事だろうか、、。という事で、まず、香港法人のダイレクターと居住住所、カンパニーレジストリーとやり取りしてみよう。

今後増えそうなホテルホッパーにアドレスホッパー。居住住所証明の問題出てくるのだろうな〜。