9月21日(火)「日本語表示」

九龍サイドのホンハム地区と言うと、日本人居住者の多い地域。このホンハムにある日系スーパーに久々に出かけてみた。この日系スーパー、今はイオンだが、その前はジャスコ。もっと前はヤオハン。久々に訪ねてみて驚いた、、、。何に驚いたかと言うと、日本語表示の多さ。顧客で日本人客も多いと思うが、圧倒的に多数をしめるのは香港人。その香港人向けに広東語や英語で宣伝広告を打つかと思ったら、書かれているのは日本語が多い。一体これらの日本語のどれぐらいを香港の人や大陸から来た人達が理解できるのだろうか。半分も理解できないのではないか。そう思うのだが、イオン店内で見かける宣伝広告はやたらに日本語が多い、、。一瞬日本にいるのでは、と勘違いするほどだった。面白い。

意味はよくわからないが、日本語表示だと高級感を感じる、という事なんだろうか。