11月14日(日)「ブランド失墜」

以前は、テレビと言うと日本企業の独壇場。ソニーに日立に東芝にシャープ、世界中どこでも日本ブランドは健在だった、、、。ホテル宿泊中、あまりテレビは見ない。が、たまたま見たいテレビ番組がありテレビを点けた。が、この日本製のテレビ、オンにはなるがその後フリーズして止まる。何度繰り返しても、そう。念のために、コンセントを点けたり消したりしてみたが一向に動かない。痺れを切らして、ハウスキーピングに電話して助けを求めた。すると、「この◯◯製のテレビはよくない。トラブルの連続」と嘆いていた。日本の大手家電メーカーで世界的にビッグネームの◯◯がけちょんけちょんに非難されてる、、。「世界に冠する日本ブランド」、今は昔という事なんだろうか。

◯◯には申し訳ないが、ほんとこのテレビは使えない。ホテルのハウスキーピングがボロクソ言うのがわかるような気がした。