8月29日(月)「上有政策下有対策」

在上海の大先輩が、来港。飯を食べながら、面白い話を聞いた、、、。上海地区でタクシーに乗った時の事らしい。どこかの私立小学校前。路が異常に込んでいる。最近の上海の小学校、車での送り迎えが多い。またメンツ社会の中国。いかに、いい車で迎えにくるか、という競争もあるようだ。と言う事で、車体の広い高級車が何台も待っている。そのため路が混雑するようだ。見かねた先輩が、「クラクションを鳴らせ」といったら、運転手は無駄だと。「ちょっと遠回りだけど、違う道を行こう」、と言ってきたらしい。また、その流暢な言葉のため、最初は中国人だと思われてた先輩に、「あんた日本人だろう?」とも、、。この話、面白い。当然日本人なら、混雑の原因を作った人間にクレームをつける。が、中国人は、そのような発想にはならない。通れなければ、違う道を探す。これが、中国人の(特に上海人の)考え方らしい。さすが、「上有政策下有対策」の国だ。

ところで、上海のタクシー運転手、日本人の事をどう思っているのだろう。「短気でうるさいのは日本人」。そう思っているのだろうか。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする