8月30日(火)北京①「東欧客」

香港と中国で、使い方が微妙に違うものに、ホテルの呼び名がある。香港では、「~酒店」、中国、台湾では、「~飯店」が使われる、、、。モンゴルへの経由で、北京に来ている。前回北京に来たのは、北京オリンピックの時だから、かれこれ3年前。前回は、厳戒体制の中、車の数も少なくひっそりしていた。が、今回は、通常の北京。空港からホテルまで、混雑で1時間以上かかった。ところで、今回は、日系ホテルに宿泊。日本人客が多いのは当然だが、それ以上に東欧系と思われる人達をよく見かける。エレベーターで、レストランで、結構な数だ。でも、これはいい戦略だ。欧米系の一流ホテルは、北京に腐るほどある。欧米に営業をかけても、あまり期待できない。だが、東欧系のホテルは、アジアではなかなか見かけない。モスクワやワルシャワに人を置いて、営業をかければ、それなりの効果もあるだろう、、。彼らの喜ぶサービスを提供すれば、勝手に客は増えていく。でも、彼らの喜ぶサービス、一体何だろう。

明日から、モンゴルに入る。ネット環境が良ければ、次回の更新、モンゴルから。そうでなければ、香港に戻る9月5日になる。悪しからず。

カテゴリー 日記

コメント

コメント(2)

  1. WOODY

    こんばんは。
    ということは、旧Nホテル系の金○ホテルでは?
    ロシア人が多いですよね。
    S先生のオフィスも近いことですし、旧交を温めたのでしょうか。

  2. CWSオーナーアドバイサー

    いや、今回泊まったのは、オータニ系のホテルです。
    でも、何故か、東欧人、多かったです。
    ロシア人じゃ、なかったですよ。

コメントする