3月24日(水)「お店の配色」

デザイン会社を経営するTさんから、香港人デザイナーと、日本人デザイナーの嗜好の違いについて聞いたことがある。香港人デザイナーが好み、日本人のそれが好まない色に、紫がある、、、。チムシャツイの繁華街を歩くと、宝石店がよく目につくようになった。中国大陸の客目当てだろうが、かなりの激戦だ。その中で、紫色を基調にしたお店が、何店かある。紫色と宝石、この相性いいようで、結構目立つ。意識しなくても、何となく印象に残る。でも、宝石やも大変だ。大きな市場はあるが、同業他社が乱立し激戦だ。他社との差別化が図れるかが、勝負だ。

意識しながら街を歩くと、結構紫色、目に付く。T氏の言う通りだ。ちなみに、紫は、「王位」「高級」の連想色らしい。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする