11月27日(日)「笑いの付け」

先日、東莞で会った知人が、痛風か何かで、足を引きずっていた。「若いのに」とからかったが、その付けがきた。早朝、ランニング中に激しく転倒。自分も足を引きずる羽目になった、、、。この3年来、毎日ランニングを続けてきた。1キロ程度をゆっくり走る。これを、先日のベトナム視察中に、不注意から切らしてしまった。また、この20日から再開したが、ちょっとやり方を変えた。主に海岸沿いを走るが、端から端まで1.2キロ程度だろうか。この区間を、全速力で走る。時間にして、5分程度。20日から始めて1週間目、今朝も、目一杯走っていたら、途中、コーナーにいた子供に気を取られ、足を取られて転倒した。一瞬、「やったかな」と思ったが、幸い打撲だけで済んだ。が、足がみるみる腫れ、歩行も困難。1日中、家で足を冷やす羽目になった、、。足を引きずる知人を笑ったのは、つい3日前。思いの外早く、その付けがやってきた。ここで、教訓。「他人の不幸(問題)を、笑ってはいけない」。

こういったアクシデントがあって始めて、健康の有難さを感じる。すんなり歩けないのは、かなり辛い。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする