3月29日(月)「静音区」

当然の事だが、人には我慢出来るものと、我慢できないものがある。香港人が我慢できるものに、周囲での携帯電話での雑音がある。我慢できないものには、公共の場での喫煙がある。日本人は、逆に喫煙には寛容だが、携帯での雑音にはうるさい、、、。たまに、西鉄線に乗るが、その3-4両目の辺りに、「静音区」というのがある。携帯で話すのを禁じてる訳ではないが、大きな声で話すのは控えるように、との表示になってる。何度かこの車両に乗車してるが、この静音区では、確かに大きな声で話してる人は少ない。よく見ると、若い人間を中心に音楽か何かを聞いてるんだろう。イヤホンを着用してる人が多い。携帯電話天国(いつでもどこでも自由に話せるの意)の香港も、徐々に、日本式に近づいているようだ。

T氏が言っていた。どこでも、いつでも話せることに、携帯電話を持つ意味がある。電車の中で、電話を切らなければならない日本社会はおかしい、、、。人には、人の数だけの言い分がある。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする