12月24日(土)「空(くう)の状態」

嫁が主催者の一人として参画してる、クリスマス・コンサートに行って来た。中国孤児のためのチャリティー・コンサート。題して、「愛と癒しと勇気」、、、。このコンサート、プルートとピアノの演奏会、子供達のバイオリン演奏、入札形式のオークションと、内容盛りだくさん。結構楽しめた。その中で、フルート奏者の一言が、妙に心に残った。「心の充実、幸せになるためには、心が「空(くう)」の状態でないと駄目」。ここでの「空」は、仏教用語の、「我や実体性が無い事」、を指してると思うが、この演奏者の言いたかったのは、「あれこれ考えないで、今の状況を楽しみなさい」、と言う事だと思う。「音楽を聴ける状況を楽しみ、今の生活を感謝して楽しめば、心が充実して幸せになれますよ」。伝えたかったのは、このような事だろう、、。クリスマスに、いいメッセージもらった。

キリスト生誕の日に、幸せについて考えるのも、なかなか乙なものだ。

子供達の演奏。曲目は、ベートーベンの「歓喜の歌」。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする