4月24日(火)「丁寧過ぎる説明」

先日の成田ー香港間移動の際、機長の説明で「うまいなー」と思うのと、「もっと言い方を考えれば」、と思うのがあった、、、。うまい説明は、飛行機の揺れを事前説明。しかも、その時間も、細かく35分と提示。この詳しい説明のため、結構揺れたが、さほど心配しなくて済んだ。一方、言い方を変えればと思ったのは、離陸時間が遅れる旨の説明。18時過ぎの出発だったが、「この時間帯の成田空港、離発着便でかなり込み合う」、と。10分程遅れて飛行機は動き始めたが、「順番待ちの飛行機が9機あり、飛び立つまで20分ほどかかる」、このような趣旨の説明だった。この状況説明、親切丁寧。だが、18時過ぎが込み合うとわかっていれば、機内案内を早めるとか、チェック・イン時に早めの搭乗を促すとか、もうちょっと工夫があってもいいのに、とも思った、、。丁寧過ぎる(機長の)説明、オペレーションに対する不満を引き出したりもする。注意が、必要だ。

ところで、この4日間のブログ、日本ー香港空港間及び空港ー家までの移動が題材。移動は、いろいろな話題を提供してくれる。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする