4月21日(水)「優秀人材入境計画」

ショパン・コンクールは、大作曲家ショパンを記念しての、5年の1度のピアノ演奏のコンクールだ。ポリーニ、アルゲリッチら、その優勝者は、錚錚たるメンバーで、世界で最も権威のあるピアノ・コンクールの一つだ。その2000年のショパン・コンクールで優勝したのが、中国・重慶生まれのYUNDI LI(李雲迪)。若干18歳での優勝、10年たった今は、世界でも屈指のショパン弾きのようだ、、、。香港行政府が行っている、「優秀人材入境計画」というのがある。技能、才能を持った人に、香港居住を許可する、というものだが、その記念すべき第1号が、このユンディ・リーらしい。さすがに、これぐらいの大物になると、許可も簡単にでるだろう。ところで、この「優秀人材入境計画」、対象は中国人だけでもなく、外国人にも門戸を開放している。日本人で、許可を取った人、どれくらいいるんだろうか?今度、入管のプロに聞いてみよう。

今年は、ショパンの生誕200年、世界中でショパンの作品が演奏されている。香港フィルとユンディ・リーのショパンの協奏曲も2月に演奏された。が、料金が香港フィルの他の演奏会に比べて、かなり高い。ユンディのギャラが、高いんだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする