4月24日(土)「貿易収支について」

知人から、「貿易収支」について、面白い話を聞いた。通常、貿易収支というと、財の貿易についての収支だが、これ以外にも、「サービス貿易」というものがある、という考え方だ、、、。例えば、大消費国のアメリカは、貿易収支は大赤字だが、サービス貿易は黒字らしい。現在アメリカには、50万人強の留学生がいると言われているが、彼らがアメリカに持ち込んでいる金額が、一人当たり15000US~20000USとすると、75億ドル~100億ドルの外貨収入がある、こうしたものをサービス貿易収入というらしい。厄介な事に、このようなサービス貿易収支は、統計には表れないらしい。知人に言わせると、財の貿易とサービス貿易を合わせれば、アメリカは貿易黒字国になる、、、。でも、これって面白い話だ。大輸出国の中国は、商品貿易は大きな黒字だが、中国人は世界中に進出しているので、サービス貿易は赤字のはずだ。富は、バランスよく流通するように、なってるんだろう。

統計上の数字も、どこの部分を切り取るかで、大きく変わる。いい勉強になった。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする