4月27日(火)「建物の気」

インベスターのK氏と、シェラトンでコーヒーを飲んだ。外を眺めていたK氏が、「インターコンチも何か寂れましたねー。建物に気が感じられない」、このようにつぶやいた。ここでのK氏の「気」は、<元気の気、勢い>の意だと思うが、面白い表現だ、、、。そう言われて眺めてみると、確かに、インターコンチ、ニューワールド、以前に比べて元気がないように感じる。考えられる点としては、行きにくくなったということだろうか。尖沙咀地区の地下鉄工事の影響で、以前は簡単に渡れたインターコンチ側とシェラトン側が、地下に潜って行かなくてはならなくなった。ちょっとした事だけど、これが理由だと思う。たかだか、1-2分の事だが、地下を通ってインターコンチまでいく事、結構面倒に思う。人間の心理とは、難しいものだ。

もしこれが、中途半端に行きにくいのではなく、たどり着くのが大変、ということになれば、いい売り物になると思う。行き易いか、ものすごく行き着きにくい、このへんがいいんだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする