8月31日(金)クアラルンプール①「タクシー誘導業務」

クアラルンプールのタクシー事情がよくわからない。空港からはプリペイドだが、ホテルからだとメーターで走る。ただ、街中で捕まえたタクシーは、交渉制になる、、、。ツインタワー前で、客を下ろしたタクシーに乗り込もうとしたら、係員らしき人間に注意された。「ここでタクシーに乗る場合は、サーチャージ2RMを払え」と。日本円50円程度、チップ代わりに払おうかと思ったが、訳もなく払うのは嫌なので、理由を聞いてみた。すると、「この場所からタクシーに乗ると、運転手がメーターを倒して走る。街中だと、メーターでは走らないので、2RM払っても得だろう」と。また、この人間、「この分、経費処理出来る」と、タクシー番号の書かれた領収書らしきものを渡してきた。要は、ホテルのボーイが行ってる事だが、このタクシー誘導業務、大して儲からない。500台誘導して、2万5千円。2人で行なっていたので、諸々の経費を考えれば、ほとんど残らないだろう、、。ところで、これ、何のための政策なんだろうか。

こうした業務がある事自体、KLでのタクシーが、なかなかメーターで走らない、と言う事だろう。ところで、この係員、政府関係、それとも民間?

「サーチャージ、RM2.00」の表示。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする