9月27日(木)「マック時給で物価比較」

アジア通の知人から、マックや、スーパーのレジ打ちのバイト料金が、物価比較の一つの基準になる旨、聞いた。早速、アセアンの成長都市、バンコク、クアラルンプール(KL)、ジャカルタ、この3都市の物価比較をしてみた。バンコク、KLは、現地居住経験者、ジャカルタは、現地駐在員からの情報だ、、、。まず、バンコク。マックのバイト料、時給25−30バーツ程とか(日本円62円〜75円相当)。KLが、5リンギ程度(日本円126円相当)。ジャカルタが、5000〜7500ルピア程度(日本円40円〜61円相当)。ジャカルタが一番安いと言うのは、予想通リ。KL が、一番高いかとは思っていたが、バンコクの2倍弱、ジャカルタの2.5倍。ここまでとは、思わなかった。ところで、このマック時給での物価比較、いいアイデアだ。世界企業のマック、その時間給には、その土地の物価を考慮した、最適な料金を提示してるはず、、。今後、外国を訪れる際は、バーガーの料金だけでなく、マックで働く人達の時間給にも、気に留めてみよう。

ところで、関西では、このマクドナルドの事、「マクド」と言うらしい。「マック」と言っても、最初は理解してもらえなかった。いろんな言い方がある。面白い。

カテゴリー 日記

コメント

コメント(2)

  1. りんたろう

    ついでながら、ビックマックの価格比較も面白いかもしれませんね。貴兄の好奇心には感心します。

  2. CWSオーナーアドバイザー

    それも、いいですね。
    いい、物価比較になると思います。

コメントする