4月24日(水)セイシェル②「首都ヴィクトリア」

以前、ホーチミンの会計事務所に売り込みに行った事がある。その際、紹介を受けた幾つかの会社は、宿泊ホテルから歩いて数分の距離。タクシーを使う必要もなく、移動に関しては、この上もなく楽だった事がある、、、。マへ島北部にあるヴィクトリアは、セイシェル共和国の首都。人口は6万人。これは、セイシェル全体の4分3にも及ぶ。午前中、この役所、会社関係が集まるヴィクトリアを、訪ねてみた。が、この街、首都でありながら、かなり小さい。1時間も歩けば、街中を歩いて回れる。背の高い建物はなく、背の低い古い建物が目立つ。何でも、クレオール様式とか。ところで、小さな街のため、オフイスビルも限られてる。そのため、4−5箇所のオフィスビルを回れば、ヴィクトリアの主要な会社訪問は事足りる。実際、今回訪問した会社も、同じビルの上下と、そこから歩いて5分のところ。その移動の楽さは、数年前のホーチミン以上だった、、。訪問者から見れば楽だが、サービス提供者からすれば、近くに競合会社が数多く存在する。大変だろう。

このヴィクトリアの中心部には、ちゃんとしたレストランは、2つしかないようだ。オフイスワーカーは、どこで飯を食べてるのだろう。

市の中心にある、「クロック・タワー」。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする