5月29日(水)「対岸の火事」

台湾の知人と会ったら、のっけから「今の台湾フィリピン問題をどう思う?」と聞かれた。恥ずかしながら、この台湾フイリピン問題、全く知らなかった。その旨話すと、怪訝な顔をされた、、、。この2週間、台湾では、この話題で持ちきりのようだ。何でも、5月中旬、台湾漁船がフィリピンの警備船の襲撃を受け、1人が死亡。この件について、謝罪と賠償を求める台湾に対して、アキノフィリピン大統領は、個人としての遺憾の意を表したのみとか。これに激怒した台湾側は、フィリピン人の滞在ビザ拒否などの経済措置を打ち出しているとか。ところで、5月中旬というと、セイシェル、アブダビにいた時期。アブダビでは、毎晩アルジャジーラのニュースを見ていた。また、こちらに戻ってからも、日本のニュースも見てたが、この台湾フィリピン問題、頭に飛び込んでこなかった。これ、ニュースは報道されたけど、自分の頭に入らなかっただけなのか、それとも、ニュース自体が報道されなかったのか、、。いずれにしろ、いい勉強になった。

こういった国際問題が起こってババを引くのは、いつも一般市民。滞在ビザ延長を拒否されるフィリピン人メイドや、その雇用家庭も、困るだろう。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする