6月22日(土)「ギリギリセーフ」

飛行機の乗り継ぎ時間は、40分前まで。この40分を巡り、きわどい攻防をしてるのが、ヤンゴンからタイ経由で香港に戻る時だ、、、。タイ航空のヤンゴン発が、朝の9時50分。バンコク到着は、現地時間11時45分。バンコクから香港へのCX便、12時40分発。その次は、16時10分発。この間、3時間半の間がある。と言う事で、航空券は16時10分で予約するが、タイ航空がスムーズにバンコクに到着した時は、12時40分発のフライトをめがけて、CXカウンターまで走る。今回もバンコクには定時の11時45分到着。飛行機もゲートの中に着いたので、「早い便に間に合うかも」と懸命に走った。ところで、この際問題になるのが、厳しいタイの持ち物検査。時間がない時に、時計やベルト、靴まで脱がされるとむっとくる。また、タイ航空の到着カウンターから、CXのチェックインカウンターまでが遠い。急ぎ足で7−8分ぐらい。今回も、懸命に走り、何とか12時40分発の便に間に合った、、。今後も、このギリギリの攻防、続く。

ところで、トランジットのチェックイン、共通カウンターで出来ないものだろうか。または、乗り継ぎ20分前までOKとか。そうなると、楽なのだが。

カテゴリー 日記

コメント

コメントする